【全国版】2019年梅雨入り梅雨明け情報一覧まとめ!

ローテーターカフとは何?肩における役割から筋の停止部についても詳しく解説!

kaigo-06

こんにちは。

みなさんお元気にしてるでしょうか。

今回は肩甲帯の筋についての話を

していこうと思います。

 

さて、一口に「肩甲帯」と言っても

実に様々な働きを持つ筋が色んな所へと

くっついてて複雑に働いて人間の運動に

関与しています。

 

作業療法の勉強をしている学生さんからしたら

どれから手をつければ良いのか?という風に

なるかと思います。

 

実際問題、筋の名前だけ暗記をしようとすると

これまたかなりの量がありますし、

みなさんが覚えたいと思う筋そのものの働きや、

筋を支配する神経の名前、起止に停止の場所までもが

覚える範囲になるからです。

 

 

ひとまず優先順位に配慮しながら

説明していきますね。

ですので、とりあえず今回は

支配神経の部分については一旦置いときます…

 

キッチリ理解してテストで

高得点を取りに行きましょう!

スポンサーリンク

ローテーターカフとは?

とにかくこれは絶対に外せませんね。

テストでも出題率が高いですし、

だからこそ大事な場所です。

 

そんな

「○○って言ったらコレ!」系のところは

身体にとって大切な機能を持ってる場合が多いために

テスト問題を作成する側からしたら

とても作りやすいと言えます。

 

そして、臨床の現場においても

作業療法の考え方の土台になっていく部分ですので

ここは確実に覚えたいですね。

 

さらにこのローテーターカフ、

日本語で「回旋筋腱板」という呼ばれ方をしてまして、

上腕骨頭を肩へ固定する関節窩の役割も兼ねています。

 

この筋が関節窩として機能するために

肩関節の自由度が「」という動きの

実現に一役買っています。

 

なので、

「ローテーターカフというのは
上腕骨大結節と小結節の
どっちかへと停止部を持っている」

という事なんですね。

 

ちょっと調べてみるとわかるんですが、

上腕骨大結節と小結節が停止部となっている筋は

この「ローテーターカフだけ」になるんです。

 

もうたったこれだけでも

キチンとしたした知識ですよね。

 

さあ、それぞれの筋についてちょっと見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

棘上筋

この棘上筋はローテーターカフにおいて

代表的な筋の一つですよね。

 

上肢の外転をさせるためには肩甲骨の上にある

この棘上筋の働きは必要不可欠なものです。

 

私はこの筋の停止部をよく大結節と小結節で

間違えたのですが、結構後になってから覚えました。

 

上肢の外転に作用する筋は、

上腕骨のどの部分に停止すれば都合が良いか?ということを

考えてみた結果、小結節よりも大結節の方が位置的にみて

不自然な感じがしなかったので「ん!?」っとなって

覚える事ができました。

 

そして起始の場所は肩甲骨の棘上窩。

こういう解剖学で覚える名前はくっついてる場所が

その名前になっているパターンがとても多いために、

名前だけでもヒントになりやすいのが特徴です。

 

これは何においても同じ事が言えますが、

ただ単純に暗記だけで覚えようとすると

終わった後に使わない情報として頭から抜けやすいです。

 

本当はやりたくもない勉強の知識ですから

無理もありません。

 

それだったら仕組みを理解して、

覚えるべき部分を絞って

本当に必要な所だけは暗記。

 

仕組みさえ理解していればいちいち暗記しなくても

論理的に考えて答えにたどり着く事ができます。

 

スポンサーリンク

まとめ

机に向かってる時は「ふ〜ん、そういうもんなの?」とか

思ってしまいがちですが、私は最初はそれでも良いと思います。

 

後々になって実習などで本物の患者さん達と触れ合う機会に

「アレはこれの事か!」という驚きと体験は

それぞれの人生においてさえかけがえのない物だと思いますから。

 

今回の解説は以上になります。

残りの筋についてはまた次回に解説させていただきます。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です