スカーレット(NHK朝ドラ)出演キャスト紹介や人物相関図も!あらすじやロケ地も調査!

scarlett-01

スポンサーリンク

2019年も2月に入りまして、

早いもので年度末が近いです。

 

2月21日の報道発表にて、

2019年後期のNHK朝ドラの

「スカーレット」のヒロイン役として

すでに発表されていた

戸田恵梨香さん以外の共演者が

追加発表というニュースが

舞い込んできました!

 

「真紅」の事を指す朝ドラ、

どんなお話なのか早速調査してみました!

スポンサーリンク

NHK朝ドラのスカーレットのあらすじは?

オリコンニュースでは

以下の様に報じています。

 NHK大阪放送局は3日、2019年度後期の「連続テレビ小説」101作目が『スカーレット』に決定し、ヒロインを女優の戸田恵梨香(30)が務めることを発表した。タイトルは、窯で燃える炎の色=緋色(スカーレット)=にちなみ、戸田は信楽焼の女性陶芸家・川原喜美子を演じる。脚本は『みにくいアヒルの子』『ホタルノヒカリ』などを手がけた水橋文美江氏が務める。

同日に行われた会見に白いワンピース姿で登場した戸田は、「8月に30歳になり、不要なものを断捨離したら20代のモヤモヤが晴れました。その時このお話(朝ドラ)をいただき、自分の中にできた空間にスッと入ってきたんです。一つの役を1年間やることは未知の世界ですが、大変ぜいたくな時間だと思う。この時間を楽しみながら生きていきたい」と抱負を語った

戸田が演じる川原喜美子は、高度経済成長時代に初の女性陶芸家となり、結婚・子育ても経験。波乱万丈の人生をおくる。特にモデルとなった人物はいないが、滋賀・信楽焼の女性陶芸家である神山清子さん(81)の手記がヒントになっているという。制作統括の内田ゆきプロデューサーは、「誰かを助けるヒロインもすてきだと思うが、本気で仕事に取り組み、自分だけでなく人のためにも働ける女性を描きたいと思った。戸田さんには15歳~50代くらいまでを演じていただく予定。高度経済成長期の昭和40~50年代が中心になるが、今の時代にも元気とエールを届けることができるのでは」と語り、今回はオーディションではなく、企画段階から戸田を想定していたことも明かした。

戸田の朝ドラ出演は、12歳で出演した『オードリー』(平成12年度後期)以来。約10ヶ月の長期間撮影となるが、「クランクインまでに信楽を訪れて焼き物について勉強したい。(長丁場は)関西でおいしいご飯をたくさん食べて、皆さんと楽しく過ごしながら気合で乗りきりたい」と笑顔を見せた。

『スカーレット』は、現在放送中の『まんぷく』、次作『なつぞら』(2019年4月1日スタート)に続く101作目。2019年9月30日から放送開始予定。

(ORICON NEWSより引用)

 

スカーレットのあらすじは、

滋賀県の信楽で陶芸家として生きる

川原喜美子(戸田恵梨香さん)

自身の失敗と挫折を陶芸に対する

アツい気持ちと喜びを持って

めげずにしゃにむに生きていく

女性を描いたストーリーだそうです。

スポンサーリンク

NHK朝ドラのスカーレットはいつ始まる?

朝ドラのスカーレットの放送は

2019年の9月30日に決まりました。

 

9月の終わり頃はまだ残暑もあって

厳しい日も多いと思われますが、

今から待ち遠しいですね。

NHK朝ドラのスカーレットのロケ地はどこ?

報道で発表された内容によると、

スカーレットの舞台は滋賀県甲賀市だそうですね。

その舞台となる甲賀市のどこで撮影が

行われるのかは未だ不明ですが、

地元の方々にはわかる有名な場所

出てきそうです。

 

戸田さん演じる、

「陶芸家・川原喜美子」を軸に据えた

昭和40〜50年辺りの高度経済成長期を

滋賀県とどのようにマッチさせていくのか、

今から楽しみですね!

shigarakiyaki-01

滋賀の陶芸と言えば信楽焼。

「信楽焼」と言えば笠を被ったタヌキ。

陶芸の茶碗などよりも有名です。笑

スポンサーリンク

NHK朝ドラ・スカーレットの出演キャスト紹介!

スカーレットの共演キャストが

とうとう発表されました!

 

初めはヒロインを勤める主役の

戸田恵梨香さんだけでした。

続々キャストが判明していますので

ご紹介いたします。

川原喜美子(かわはら きみこ)
演 – 戸田恵梨香

川原常治(かわはら じょうじ)
演 – 北村一輝
喜美子の父。

 

川原マツ(かわはら まつ)
演 – 富田靖子
喜美子の母。

 

川原直子(かわはら なおこ)
演 – 桜庭ななみ
喜美子の長妹。

 

川原百合子(かわはら ゆりこ)
演 – 福田麻由子
喜美子の末妹。

 

草間宗一郎(くさま そういちろう)
演 – 佐藤隆太
川原家の居候。

スポンサーリンク

熊谷照子(くまがい てるこ)
演 – 大島優子
喜美子の幼なじみ。

 

大野信作(おおの しんさく)
演 – 林遣都
喜美子の幼なじみ。

 

大野陽子(おおの ようこ)
演 – 財前直見
信作の母。

 

庵堂ちや子(あんどう ちやこ)
演 – 水野美紀
新聞記者。

 

酒田圭介(さかた けいすけ)
演 – 溝端淳平
医学生。

 

毎回、豪華な顔触れで大きな話題になる

NHKの朝ドラの魅力の一つですよね。

スポンサーリンク

その他の共演者も紹介!

ドラマのレギュラーキャラとして出演する

俳優陣からさらに豪華な芸能人の方々が

「スカーレット」さらに熱くします!

 

これからどんなドラマになっていくのか、

戸田恵梨香さん達との関係に期待ですね!

田中雄太郎(たなか ゆうたろう)
演 – 木本武宏(TKO)

謎の下宿人。

 

ジョージ富士川(じょーじ ふじかわ)
演 – 西川貴教(T.M.Revolution)

世界的な芸樹家。

 

川原喜美子(幼少時代)
演 – 川島夕空

戸田恵梨香演じる喜美子の幼少時代。

スポンサーリンク

信楽焼とは?

朝ドラ・スカーレットにて

重要な立ち位置にある「信楽焼」について

調べてみました。

 

信楽焼(しがらきやき)は、滋賀県甲賀市信楽を中心に作られる炻器で、日本六古窯のひとつに数えられる。一般には狸の置物が著名であるが、後述のように多様な発展を遂げている。

信楽は、付近の丘陵から良質の陶土がでる土地柄である。長い歴史と文化に支えられ、伝統的な技術によって今日に伝えられて、日本六古窯のひとつに数えられている。信楽特有の土味を発揮して、登窯、窖窯の焼成によって得られる温かみのある火色(緋色)の発色と自然釉によるビードロ釉と焦げの味わいに特色づけられ、土と炎が織りなす芸術として“わび・さび”の趣を今に伝えている。信楽の土は、耐火性に富み、可塑性とともに腰が強いといわれ、「大物づくり」に適し、かつ「小物づくり」においても細工しやすい粘性であり、多種多様のバラエティーに富んだ信楽焼が開発されている。

(Wikipediaより引用)

どうしても信楽焼というと

タヌキ、というイメージになりがちですが、

キチンとした茶碗にツボなどの

陶芸に関してもどんな扱いになるのか?

ここも見どころの一つでしょうね。

 

shigarakiyaki-02

さらに調べてみてわかったんですが、

トトロの信楽焼もあるんですって!

お値段は3体セットで11664円との事。

 

ハッキリ言って超可愛いです。笑

ジブリファンは絶対欲しい一品ですね!

 

 

 

トトロの信楽焼はカップなんかも

あるみたいですね。

 

寒〜い冬の日はコタツでくつろぎながら、

マッタリとトトロのカップで

のんびりお茶でも飲みたい所ですね。笑

NHK朝ドラ・スカーレットの人物相関図は?

報道発表ではこちらに関しての情報は

まだ一切出ていませんので、

追加の情報が発表され次第随時追記していきます。

 

戸田さん演じる川原喜美子の相手役の

北村一輝さんとなりましたが、

どんなドラマが展開されていくの

でしょうか?

 

さらにスカーレットの持つ「真紅」の意味、

窯の炎以外に劇中にどんな意味を

持たせてくるのでしょうか。

ジェラシーの炎?それとも夕焼けか紅葉?

 

色んな物がイメージできますよね。

今から非常に楽しみになってきました!

スポンサーリンク

まとめ

2019年後期のNHK朝ドラとして

発表された「スカーレット」についての

調査内容でした!

 

タイトルに加えて共演キャストも

発表となりました。

 

団塊の世代の方には俳優達に

当時の自分の思い出を

それぞれ重ね合わせてみたり、

昔を懐かしむ良い機会になりそうですね。

 

ブラウン管テレビにどんな映像が

映っているのか?などの細かい点にも

注目したいですね。

 

今回は、

●NHK朝ドラのスカーレットのあらすじは?
●NHK朝ドラのスカーレットのロケ地はどこ?
●NHK朝ドラのスカーレットの出演キャスト紹介!
●NHK朝ドラのスカーレットの人物相関図は?
●まとめ

以上の内容でお送りしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です