潮田洋一郎(LIXIL会長)の経歴や凄い学歴&年収は?社内のヤバイ評判とシンガポールに会社移転の真相も!

LIXIL-00

スポンサーリンク

2019年2月14日に発表された週刊文春の

報道によると、LIXILグループが経営陣による

買収をもって、日本からシンガポールへと

本社を移すという事です。

 

LIXILグループはこの報道について

否定していますが、大企業のトップ達には

あまりにも都合の良い「本社シンガポール説」。

 

しかも、現在LIXILの会長を勤めている

潮田洋一郎氏はすでに日本という国を

見捨てているような話まで聞こえています。

 

その渦中にいる人物、潮田洋一郎会長とは

そもそもどういった人物なのか?

なんだか学歴が物凄いらしい?

年収はいくらくらいなのか?

LIXIL社内で評判がヤバいらしい!?

シンガポールに本社を移すと何が良いのか?

…といった事について調査してみました。

スポンサーリンク

こちらも読まれてます。

潮田洋一郎(LIXIL会長)のパワハラの内容や原因理由は?エグいメール全文と広報部A氏の名前や顔画像も!

報道では

週刊文春では以下のように報じています。

 ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子です。LIXILグループが、MBO(経営陣による買収)を行って上場を廃止し、本社をシンガポールに移転するという報道が出ています(LIXILは否定)。最近では、英家電大手ダイソンも本社を英国からシンガポールに移すと発表しています。なぜこれらの大企業や経営者は、シンガポールに本社機能を移転させたいと考えるのでしょうか。

企業、人、カネが、シンガポールに向かう

三菱商事(金属資源トレーディング部門)、パナソニック(冷蔵庫部品事業など)、日本郵船(定期コンテナ船事業)など、事業会社や一部の部門などを含めた広義の「本社機能」をシンガポールに移転している日系企業は少なくありません。株式会社メディアジャパンが作成したシンガポールに営業拠点をおいている日本企業便覧を見ると、約1500社がずらりと並んでいます。

経営者では、LIXILの潮田洋一郎会長が既に居住をシンガポールに移しているほか、HOYAの鈴木洋CEOや「ドン・キホーテ」創業者の安田隆夫創業会長がシンガポールに移住して話題になりました。ドンキホーテホールディングス(本社東京・目黒)は、2月に株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスに改名、シンガポールをアジア展開の拠点にして「DON DON DONKI」を3店舗展開しています。

(週刊文春より引用)

スポンサーリンク

潮田洋一郎のプロフィール

潮田洋一郎 プロフィール

読み方:うしおだ よういちろう

生年月日:1953年12月21日

年齢:65歳

身長:/cm

体重:/キロ

趣味:茶道

出身地:東京都

出身大学:下で詳しく!

所属:LIXILグループ

スポンサーリンク

潮田洋一郎の経歴

住生活グループの創業者として知られる

潮田健次郎氏の長男である潮田洋一郎さん。

 

東京大学を卒業した後には、

トーヨーサッシ株式会社へ入社して着実に

実績を重ねて出世をしていきます。

 

その役職というのも、

営業企画部長、取締役、常務、専務、人事

そして副社長から社長まで上り詰めます。

 

さらにINAXを買収して社名変更をするなど

会社の規模の拡大に意欲的な姿勢を見せます。

 

2006年には父である健次郎氏から

会長の座を受け継ぎました。

 

少し調べただけで色々な事がわかったのですが、

1300ccのバイクを乗り回したり

豪邸で中国や日本の名器を使って茶道を

楽しむなどお金持ちの趣味人という感じです。

 

東京銀行頭取の高垣祐氏の次女である

高垣正子さんと結婚されて、

3人姉妹を儲けたそうです。

スポンサーリンク

潮田洋一郎の凄い学歴は?

どうやら潮田洋一郎氏はその学歴も

凄いようで、東京大学を卒業されている

との事です。

 

しかもそれだけはなく、いつ渡米して

卒業し、帰国したかは判明していませんが

シカゴ大学も卒業されているそうです。

 

そうなると勉強などができるだけでなく

当然英語も堪能という事になりますね。

 

そういう事情もあるためシンガポールへの

本社移転にも抵抗が無いのでしょうね…。

 

社員へのパワハラが話題になっている

潮田洋一郎氏ですが、やはりその経営の

手腕も相当のものである事が伺えます。

スポンサーリンク

潮田洋一郎の年収はいくら?

どうやらLIXILグループの2015年のデータで

売上高が1兆円にも登るとか…!!

 

日本だけでなく世界を相手にする企業の

会長職にいる人間なので当然その収入も

一般庶民とはケタが違うハズです。

 

コチラの情報によると、

一億円以上の報酬を得ている人物として

潮田洋一郎氏の名前が挙げられています。

 

そしてその報酬の総額は122✕百万円

という事でよろしいのでしょうか?^^;
違ったら本当スイマセン…

ともすれば1億2200万円…!?

スポンサーリンク

潮田洋一郎の社内のヤバイ評判とは?

一番新しいLIXILグループ内での

潮田洋一郎氏の評判は4月11日発売の

週刊文春にて発表されるそうです。

 

ですけど、これだけ日本が嫌いで

豪邸では優雅に趣味を楽しむ。

気に入らない事があればパワハラ発言、

という事ならやっぱり社内での評判も

落ちても当たり前かと…。

 

しかも自分の税金を浮かすため

本社をシンガポールへ移そうとしてるなら

余計に評判は落ちて当たり前かと。

スポンサーリンク

潮田洋一郎のシンガポールに会社移転の真相って!?

とにかくシンガポールという国は

日本に比べると税金が安いということで

知られています。

 

住民税は
シンガポール:日本=ゼロ:10%

所得税の最高税率
シンガポール:日本=22%:45%

 

という事らしいですから、

使い切れない資産を移すだけで

莫大な金額を節税する事ができます。

 

そりゃ気持ちはわかりますけど、

本当に本社を海外に移したら日本からの

イメージはどうしても落ち込むと思うのですが…

スポンサーリンク

潮田洋一郎(LIXIL会長)のパワハラの内容や原因理由は?エグいメール全文と広報部A氏の名前や顔画像も!

まとめ

LIXILグループの会長職を勤める

潮田洋一郎氏に関する調査内容でした。

 

パワハラ発言として話題になっている

LIXILの経営陣の権力闘争ですが…

これからどうなるのか要注目ですね。

 

今回は、

●報道では
●潮田洋一郎のプロフィール
●潮田洋一郎の経歴
●潮田洋一郎の凄い学歴は?
●潮田洋一郎の年収はいくら?
●潮田洋一郎の社内のヤバイ評判とは?
●潮田洋一郎のシンガポールに会社移転の真相って!?
●まとめ

以上の内容でお送りしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です