手術後の女児にストレッチで骨折させた神戸市立小学校女性教師の名前や顔画像は?元勤務先も調査!

gakkou-kodomo-01

スポンサーリンク

最近、無認可の保育園などで子供が亡くなるという

痛ましい事件が多く報道されています。

 

そんな中、また地域の教育機関として

あってはならない事故が小学校で起きました。

 

gakkou-02

 

股関節の手術から間もない女児に対して

女性教師がストレッチをして骨折させたという

ニュースが今回の話題です。

 

その事件について気になる所を

調査してみました。

スポンサーリンク

女性教師の名前と顔画像は?

報道発表では、女児を骨折させてしまった

女性教師の名前や顔画像、年齢などは

発表されていません。

 

これから続報が入り次第追記していきます。

事故の起きた神戸の市立小学校はどこ?

現在の時点では女児の骨折事故の起きた

小学校の名前と場所は判明していません。

 

こちらも続報が入り次第、追記していきます。

gakkou-01

女性教師の元勤務先の学校はどこ?

事故を起こした女性教師の元勤務先についても

調査をしようとしましたが、

名前が判明しないために断念。

 

やはりこちらも続報が入り次第の追記です。

スポンサーリンク

女児のこれからはどうなる?

ニュース記事では、

太ももの付け根(股関節)を骨折してしまったという

表記のために、再手術する事になるでしょう。

 

一度手術を終わらせた場所に対して

さらにもう一度手術をするというのは

身体的にも精神的にも非常に大きな

ストレスがかかります。

 

ishakodomo-01

 

しかも、再手術の後でまたリハビリに関わる人も

一人だけでやるワケではありません。

 

医療というのは患者さん一人一人に合わせて

いくつもの職種がそれぞれの専門性を持って

チームで行います。

 

そこでもまた多くの人に残念な気持ちが

生まれてしまう事になります。

 

女性教師にはどんなに辛くても

この事実を重く受け止める必要があります。

スポンサーリンク

ハインリッヒの法則とは?

仕事をする上で話題になる事もよくあるので

聞いた事のある方も多いかもしれないのですが、

「ハインリッヒの法則」という

労働災害についての考え方があります。

 

hainrihi-01

 

ハインリッヒの法則(ハインリッヒのほうそく、Heinrich’s law)は、労働災害における経験則の一つである。1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するというもの。

(Wikipediaより抜粋)

 

この法則に従うならば、ですが

この女性教師が今回のような事故を

起こしてしまった背景として

他にも今回の件より小さいヒヤリハットや

異常の存在を検討する必要があるのです。

 

それはつまり、

  • 学校復帰にあたって女児の親御さんとどんな話をしたのか
  • 手術後の女児の顔色や禁忌となる姿勢
  • 女性教師の勤務態度
  • 女性教師の勤務する実際の環境
  • 女性教師の学校での人間関係
  • 毎日の睡眠時間
  • 仕事のどんな所にストレスを感じているか

等々、そういった細かくこみ入った部分にまで

考えを巡らせていく事になると思われます。

 

今回の事故でも以上の点が全く無かった、とは

考えられませんが 、やはり足りてなかったのが

現実なのでしょう。

 

基本的にこういう重大事故の後は

「ハイすいません、これから気をつけます」

という一言では済まされず、始末書的な物を作成した上で

何かしらの対処を講じるのが一般的な対応となります。

 

女性教師のこれからはまだわかりませんが、

二度とこのような杜撰な管理の事故が

起こらない事を望みます。

スポンサーリンク

まとめ

「歩く」という動作は普通の人間ならば

誰でも当たり前にするものです。

 

どんな場所へと移動できるとしても

「歩かない」「体を動かさない」というのは、

その人にとてつもなく大きく

ストレスとなってのしかかってきます。

 

t-suwari-01

 

先生側の意見を察するならば

「生徒に元気になってほしい気持ち」から

仕事を張り切ってしまったのでしょうが、

ほんの不注意からまた大変な事態になってしまいました。

 

骨折した女児に笑顔の戻る日が

少しでも早く来てほしいと願うばかりです。

 

今回は、

●女性教師の名前と顔画像は?
●事故の起きた神戸の市立小学校はどこ?
●女児のこれからはどうなる?
●ハインリッヒの法則とは?
●まとめ

以上の内容でお送りしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です