【全国版】シルバーウィークの各銀行ATM手数料営業時間一覧まとめ!

HERO(ドラマ1期)のネタバレや感想に考察も紹介

heroのネタバレ記事アイキャッチ

こちらの記事では、ドラマ「HERO」のネタバレや感想に考察も紹介しております。

 

ネタバレなしで楽しみたい方は、FODプレミアム無料登録しましょう!

▼今すぐ2週間完全無料で▼
FODプレミアムに登録する
今すぐ2週間無料でFODプレミアムに登録

HEROのネタバレに感想や考察も紹介!

東京地検城西支部

1月8日午前8時ちょうど。

 

たくさんの報道陣が見守る中、車から続々と降りてくる検察官たち。

 

東京地検が、大手建設会社と岬代議士による収賄容疑の強制捜査に着手した。

 

岬代議士を乗せた車内。

 

城西支部メンバーの話題は、明日転勤してくる新しい検事のこと。

 

中村美鈴検事の担当事務官である雨宮舞子は、新しい検事の担当事務官に立候補する。

 

そんな雨宮に「二股だ」と言い放つ美鈴。

 

雨宮は「掛け持ちです!」と言い返す。

 

一方、引っ越し作業が終わりテレビショッピングでマーメイドスリムを注文する男。

 

「久しい利口な生き方と書いて、久利生(くりう)です」

 

この男こそ、久利生公平である。

久利生公平という男

翌朝、城西支部では久利生がテレビを見ている。

 

次々と登庁する城西支部の面々。

 

「久利生とかいってたな」「変な名前」

 

「プライド高いわりに仕事できなかったりして」

 

カジュアルな服装の久利生を前に、本人と気づかず言いたい放題のメンバーたち。

 

憶測だけで人を判断するべきでないと咎める雨宮をよそに、みんなの悪口は止まらない。

 

「青森だから分かりやすくリンゴ持ってきたりして」の一言に、ドンっとリンゴをテレビの上に置く久利生。

 

静まり返る室内。

 

雨宮は、久利生の部屋へあいさつに行く。

 

Tシャツにジーンズというラフな格好、しかも中卒だと聞かされた雨宮。

 

すかさず牛丸豊部長の部屋へ駆け込む。

 

牛丸の部屋へ入っていく雨宮を見て、うわさ話をするのは芝山貢検事と担当事務官である遠藤賢司。

 

二人のうわさ話を江上達夫検事が立ち聞きしている。

 

雨宮と付き合っているつもりでいる江上は、ショックを受ける。

 

そして、末次隆之事務官に大量の仕事を押し付け八つ当たりするのであった。

 

そんな中、雨宮を探しに美鈴の部屋に入り、岬代議士のアリバイ写真を眺める久利生。

 

カネの受け渡しがあったとされる日には、岬は家族でクルーザーに乗っていたという。

 

起訴するには、このアリバイを崩す必要があるのだ。

下着ドロボーの尋問

久利生が、下着ドロボーの尋問をしている。

 

何やら盛り上がる久利生と下着ドロボーの容疑者。

 

ふざけた様子の久利生に対し、厳しい取り調べを始める雨宮。

 

目撃者がいるというこの事件。

 

犯人は、警官に見つかり自転車で逃走するも逃げきれず、途中で自転車を乗り捨て徒歩で逃走。

 

自転車の登録番号から、この男の住所が割れたのだ。

 

しかし、男は「自分じゃない」と言い張っている。

 

アリバイはというと、朝8時からのアニメをビデオに手押しで録ったのだという。

 

雨宮は、「留守録したんでしょ」と言って相手にしない。

 

久利生は、「なんで乗り捨てたんだろう…」と何やら考えている様子。

 

芝山たちが支部に届いたマーメイドスリムに群がり、「証拠品か?」などと話している。

 

そこへやってきた久利生が部屋に持ち帰り、早速マーメイドスリムを試す。

 

話は久利生の歓迎会へと移る。

 

「しなくていいでしょ」とみんなが口々に言う中、美鈴の「かわいそうでしょ」の一言で、開催が決定。

 

イヤイヤながら幹事を引き受けた雨宮は、「明日の夜、みんなが使うバーで」と久利生に伝える。

ガサ入れ

下着ドロボーの容疑者の家で、事件当日に録ったというビデオを確認する久利生。

 

確かに、容疑者の言っていたビデオはしっかりと録画されていた。

 

しかし、留守録の可能性も捨てきれない。

 

その日の夜、江上と雨宮がバーで飲んでいる。

 

「僕と付き合ってるんだから、疑わしい行動を慎むように」という江上。

 

「付き合ってません!」と酒をがぶ飲みした雨宮は、机に倒れこむ。

 

一方、ホテルで密会する芝山と美鈴。

 

不倫関係にある二人。

 

そこへ、芝山に娘から電話が。

 

「パパでちゅよ~」

 

いつものクールな芝山からは想像もつかない姿に、冷めた表情の美鈴。

 

久利生はカップ麺を食べながら、テレビを見ている。

 

買ったばかりのマーメイドスリムが、2台で1台分の値段で売られていた。

 

翌々日、警察から久利生のガサ入れについてクレームがあったと牛丸が怒っている。

 

牛丸に怒られしょんぼりした様子の久利生は、自分の部屋へと入っていく。

 

しかし、部屋では下着ドロボーの被害者の女性たちの前で、下着をつけておどける久利生。

 

通販グッズで盛り上がり、久利生は女性の持っていた防犯ブザーを鳴らしてしまう。

 

雨宮は再び牛丸の部屋へ駆け込み、「担当を変えてほしい」と直談判。

 

「4月までお願い」と牛丸になだめられ、折れる雨宮。

 

そこへ次席検事の鍋島利光が城西支部へやってきた。

 

なぜか久利生を気に入っている様子だ。

見えないもの

岬代議士のアリバイ写真に城西支部はお手上げ状態だった。

 

雨宮が、久利生をお昼に誘おうと部屋へ行くも、久利生はいない。

 

久利生は、懲りずに下着ドロボーの捜査に行っていた。

 

犯人が自転車を乗り捨てたことが、まだ引っかかっているようだ。

 

「例のやつ」と下着ドロボーを捕まえた警官に何かを渡す久利生。

 

久利生と雨宮は海の近くの食堂へ。

 

下着ドロボーの捜査に力を入れる久利生に「捜査は大きな事件の時にするものだ」という雨宮。

 

「犯罪は犯罪でしょ?」と久利生。

 

食堂を出て、海の方へ向かう久利生に雨宮も付いていく。

 

勝手にクルーザーに乗り込む久利生にあきれながらも、雨宮も乗り込んだ。

 

少し上がると海が良く見えるようになるが、堤防の向こうや海の中までは見えない。

 

「見えているものより、見えていないものの方が多いよね」と久利生はつぶやく。

 

二人は、岬代議士のアリバイ写真の話題に。

 

海の上は風が強い。

 

三脚は倒れてしまうだろう。

 

アリバイ写真には岬の家族が全員写っていた。

 

ということは…家族以外の誰かが写真を撮ったはずだ。

 

美鈴に急ぎ電話をかける雨宮。

 

事件当日、家族以外にクルーザーに乗った人がいることが証明できなければ、岬のアリバイ写真は偽物だということになる。

 

岬のクルーザーに向かおうと美鈴に場所を聞いた雨宮は思わず立ち止まる。

 

雨宮と久利生の乗ったクルーザーが、まさに岬のクルーザーだったのだ。

見えた真相

岬のアリバイは崩れ、下着ドロボーはなぜか不起訴になっていた。

 

久利生が強制捜査のガサ入れ報道特番を見ていたと聞き、何気なく雨宮もビデオを見始めた。

 

「1月8日午前8時…」と繰り返すニュース番組。

 

午前8時5分まで報道特番は続いていた。

 

報道特番が終わると、下着ドロボーがアリバイとして話していた例のアニメが始まった。

 

何かに気づく雨宮。

 

ダーツバーでの歓迎会。

 

久利生しか来ていない店に、雨宮が一人やってくる。

 

「捕まったそうですよ、下着ドロボー」と雨宮。

 

久利生が警官に渡していたのは、防犯ブザーつきの下着干しだった。

 

これを被害者の家に干しておくよう警官に伝えていたのだ。

 

知らずに下着を盗ろうとすると大きな音が鳴り、警官は真犯人を捕まえることができた。

 

下着ドロボーのアリバイが事実であることにも久利生は気づいていた。

 

留守録していたら、ガサ入れの報道番組が録画されていたはずなのだ。

 

これが、久利生だけに見えていたすべての真相である。

 

…結局、歓迎会には誰も来ない。

 

来るはずのメンバーは、それぞれが好きなように過ごしていた。

 

バーのテレビでは、マーメイドスリムの通販番組がやっている。

 

「10台でお値段据え置き!」


キムタク全盛期のドラマです。

 

若き日のキムタクが輝いていますね。

 

それだけでなく、検察による事件解決というストーリーも楽しめます。

 

今回は、収賄事件と下着ドロボーという一見全く関係のない事件が、報道番組によってつながっていました。

 

散りばめられた伏線に、最後にあっと驚く展開が待っています。

 

独特のカメラワークにも注目です。

 

足元だけのショットや物からの視点など、計算された演出で我々を飽きさせません。

 

HERO(ドラマ1期)の2話ネタバレと感想を紹介!

いじめる検事、まもる弁護士

「被告人を懲役10年に処するのが相当だと思います」

 

法廷での久利生の発言に、ざわつく傍聴席。

 

弁護士は、被告人に同情すべき理由を述べ始める。

 

うつむく被告人。

 

「どうして極悪非道の犯罪者と指さすことができるのでしょうか?」

 

ここで、久利生が大きなくしゃみをする。

 

一方、城西支部。

 

美鈴、芝山、遠藤が白黒映画の裁判シーンを鑑賞している。

 

ここでもやはり弁護士が正義の味方である。

 

「検事はいじめる人、弁護士は守る人か」と遠藤。

 

江上の部屋では、取り調べが行われている。

 

すすり泣く女性に対し、「泣いてちゃ分からないんですけどねー」とせまる江上。

 

その声を聞いた芝山はすかさず「やっぱり弁護士だな」と結論づける。

 

三人の話題は、仕事あがりの予定へと移る。

 

遠藤は合コン、芝山は子どもの誕生日、美鈴は青山のダイニングバー・マヒマヒでディナー。

 

…とそこで、芝山は急いでスケジュールを確認する。

 

美鈴との予定をすっかり忘れていたのだった。

 

そこへ、江上の取り調べを受けていた女性が先ほどと打って変わった様子で部屋から出てくる。

 

「検事ってほんとヤな人種~」

 

続いて部屋から出てきた江上は、雨宮をK-1の試合に誘う。

 

雨宮は自分たちがただの検事と事務官だと強調しながらも、喜びを隠せない。

 

実は、K-1の大ファンなのだ。

 

久利生に早く仕事を片付けてもらうと、顔をかがかせている。

黙秘

久利生は、通販で買った腹筋マシーンを試しながら無駄口をたたいている。

 

K-1が始まるまでに帰りたい雨宮は、久利生を無視し急いで仕事を片付けていた。

 

そんな城西支部へ、タバコを吸いながらある男がやって来た。

 

「牛丸部長いますよね?」

 

やって来た男は、大物弁護士の坂ノ上幹二だ。

 

久利生はアザだらけの青年を取り調べていた。

 

青年は、何を聞かれても一言も話さず黙秘している。

 

はたまた、牛丸の部屋には坂ノ上が。

 

青年は代議士の息子で、坂ノ上はこの青年の担当弁護士だ。

 

さらに、坂ノ上は次席検事である鍋島の大学の同期だという。

 

青年は、高井戸謙介。

 

高井戸は、被害者と肩がぶつかったことでケンカになり、階段から転落させ自ら出頭。

 

被害者にいきなり因縁をつけ殴られ、振り払おうとしたところ階段から足を踏み外した。

 

目撃者の証言も一致し、正当防衛だと主張している。

弁護士の策略

「取り調べ、あっさり終わっちゃった」

 

高井戸が、面会室でニヤニヤと笑いながら坂ノ上と話している。

 

黙秘することは、坂ノ上と打ち合わせ済みだったのだ。

 

城西支部では、牛丸が釈放手続きを急ぐよう久利生を急かしている。

 

しかし「確かめたいことがある」と久利生は出かけて行ってしまう。

 

正当防衛を証明する材料ばかり集めて黙秘している容疑者。

 

弁護士がこちらに何もさせない作戦だと、久利生は踏んでいた。

 

引き留めようと追いかける雨宮だったが、あきらめて調書を取りに支部へと戻る。

 

その間にも牛丸は、坂ノ上から釈放手続きを進めるようせまられていた。

 

鍋島の友人である坂ノ上に頭が上がらない牛丸。

 

久利生の今日中の仕事は、皆で振り分けることとなった。

 

「そんなの無理だよ!」「こっちだって忙しいのに」

 

と、カンカンに怒るメンバーたち。

証言

久利生は、事件当日一緒にいた高井戸の友人に話を聞いている。

 

久利生に置いて行かれた雨宮が、遅れてやってくる。

 

「あいつが絡んできたんだよ、痛ってーなコノヤローって」

 

その後、高井戸は10発ほど殴られ、振り払うと自分で階段から足を滑らせたという。

 

「ふーん」と久利生は何かが引っかかっているようだ。

 

高井戸の拘留は今日の夜中0時までだ。

 

起訴に持ち込みたい久利生は、続いて被害者のもとへ向かう。

 

一方、城西支部。

 

牛丸のもとに坂ノ上から何度も電話がかかってくる。

 

「鍋島くんに話した方が?」脅しのようなことも口にされ冷や汗ものの牛丸。

 

久利生に仕事を押し付けられたメンバーたちは、大忙し。

 

それぞれが、先の見えない仕事を片付けていく。

 

久利生と雨宮は、被害者が働いていた和菓子屋に来ていた。

 

被害者も作っていたという細かい模様の美しい和菓子をすすめられ食べる。

 

風邪を引いたようだという久利生だが、もう一人の友人女性の元へも向かうという。

 

多摩までやってきた二人。

 

「痛ってーなコノヤローって絡んできたの」

 

「それから10発殴られた」と出てきたのは先ほどの証言とまったく同じものだった。

 

もう外は真っ暗になっている。

 

久利生は自動販売機でコーヒーを買う。

 

「人のことなんてどうでもいいんですね!」と雨宮はいら立ちを隠せない。

 

とうとうK-1の観戦にも間に合わなくなってしまった。

被害者の声

ガラガラの電車内、久利生と雨宮は離れて座っている。

 

久利生に、どうして検事になったのかと聞く雨宮。

 

「被害者の味方できるのは検事しかいないでしょ?」と久利生。

 

そして被害者のことについて、久利生が話し始める。

 

お菓子職人は指先の職人技だ。素手で人を殴ったりするだろうか?

 

久利生は続ける。

 

目撃者の証言が「からまれた」「10発」と調書と全く同じなのだ。

 

全員で口裏を合わせているはずだが、証明することができない。

 

「被害者の代わりに声になってあげられんの、オレらしかいないし」

 

まだ行くところがあると電車を一人降りる久利生。

 

ホームには雨宮の姿が。

 

「最後まで立ち会います」

 

久利生は先ほど買った缶コーヒーを雨宮に差し出す。

 

二人は、事件現場の階段の上に立っている。

 

長い階段の下には、花が供えられているのが見える。

 

「被害者はどんな気持ちだったんだろうな」の久利生の一言に、雨宮は思わず空き缶を落としてしまう。

 

カランコロンと階段を落ちていく空き缶。

 

階段を降り、空き缶を拾いに行った雨宮の目に映ったのは…ラーメン屋台だ。

 

「屋台なんて調書に書かれていません!」

つまらない事件

城西支部。

 

続々と部屋から出てくるメンバーたち。

 

久利生の仕事の処理に追われ、全員予定が台無しになってしまった。

 

そこへ帰ってくる久利生と雨宮。

 

怒り心頭のメンバーたちに、久利生は高井戸を起訴するつもりだと話す。

 

ラーメン屋台の主人から証言がとれたのだ。

 

この屋台は、事件のあった金曜の夜に屋台を出している。

 

しかし、事件当日は警察が来る前に店をたたんで熱海に行っていたそうだ。

 

主人が言うには、3人組の1人がいきなり詰め寄って突き落とした。

 

突き落とされた方が先に殴った事実はないという。

 

関わりたくなくて証言しなかったというが、信頼できる証言だ。

 

「これはこれは皆さんおそろいで」

 

坂ノ上が支部へとやって来た。

 

タジタジになる牛丸、目をそらす検事たち。

 

その中で、久利生はまっすぐに坂ノ上を見つめている。

 

「高井戸は殴られていませんよね?」久利生が話し出す。

 

事件があったのは、午後10時、自首したのは午前0時。

 

この2時間の間に、友人に10発殴らせ証言の口裏合わせをしたのではないかと久利生は問いかける。

 

そんな久利生をものともせず、「つまらない事件だ」と言い放つ。

 

「人が一人死んでいるんですよ、どこがつまらない事件ですか!」

 

大声を上げたのは、他でもない牛丸だった。

 

終始頭のあがらなかった坂ノ上に対し、まくし立てる牛丸。

 

その後、牛丸が鍋島に謝罪している。

 

怒る様子はなく、「私に気を使う必要はない」と笑顔の鍋島。

 

久利生のことを話す鍋島に、久利生を知っているのかと牛丸が尋ねる。

 

「僕のことは知らないだろうけど」と意味ありげな鍋島であった。

やっぱり悪者?

いつものバーで久利生と雨宮が飲んでいる。

 

「たまご酒ってあります?」

 

風邪気味の久利生のために、雨宮が注文する。

 

出てきたたまご酒を飲んでいると、テレビでは白黒映画の裁判シーンが流れている。

 

そして、場面は冒頭の法廷へ…。

 

口に手を当て泣く被告人。

 

「求刑は無情なものだ」との弁護士の声に、たくさんの厳しい目が久利生に向く。

 

「やっぱり悪者だよー」と久利生は大きなくしゃみをする。

自分勝手に行動する久利生に、振り回される城西支部のメンバーたち。

 

終盤で、牛丸部長が坂ノ上に啖呵を切ったのは意外でしたね。

 

K-1を見に行けず怒っていた雨宮も、久利生の被害者を想う気持ちに心を動かされたようでした。

 

悪者として描かれることの多い検事も、検事の側からみるとイメージが変わりますね。

 

鍋島次席と久利生の関係も気になるところです。

 

FODプレミアムは、月額888円(税抜)の有料サービスになりますが、Amazonアカウントからの登録で2週間無料になるキャンペーンを展開しています。

 

Amazonアカウントがあれば登録は1分で完了するんです♪

 

 

2週間ずっと好きな映画やドラマが見放題で、無料期間内の解約なら、料金は一切発生しません!

HERO(ドラマ1期)の3話ネタバレと感想を紹介!

傷害事件

江上がいつものバーで雨宮を口説いている。

 

その後ろでは、たまたま居合わせた久利生が包丁セットの通販番組を見ていた。

 

久利生に気づいた江上は「みんな僕たちが付き合っていると思ってるよ」と言うが、

 

「誰が言ってんのー?すごい迷惑ー」と満面の笑みで返す雨宮。

 

そこで突然、店内に男の怒声が響く。

 

男の手に握られたステーキナイフは、目の前の女性に向けられている。

 

騒然とする店内。

 

酔っていて状況の分かっていない雨宮が、男の前へ行き説教を始める。

 

必死で止める久利生。

 

その間に、男が女性の腕を切りつけた。

 

興奮する男を何とか久利生が抑え、ナイフは男の手から離れた。

 

翌日、男は傷害事件の被疑者として久利生に取り調べを受けている。

 

男の名前は、宮川雅史。

 

恋人だった料理研究家の島野紗江子に別れを切り出されカッとなったという。

 

幸い、腕の傷はかすり傷ですんでいた。

 

彼女には手料理を作ってもらったり、「生まれ変わっても一緒になろうね」とも言われていた。

 

宮川はそんな紗江子と結婚するつもりだったと話す。

 

取調べのあと、通販番組で買った包丁でリンゴをむいている久利生。

 

そこへ城西支部のメンバーが集まり、松葉杖で仕事に来た江上のことをウワサしている。

 

昨晩の騒ぎの際、イスで足をぶつけたのだが、雨宮を守るために体を張ったことになっていた。

事情聴取

久利生は、被害者の島野紗江子の事情聴取を行っている。

 

紗江子の開催する「男性のための料理教室」で半年前に二人は出会った。

 

宮川と結婚の約束をした覚えはないと話す。

 

そもそも仕事が一番なので、誰とも結婚するつもりはないと。

 

そんな紗江子に強く同意する雨宮。

 

「告訴を取り下げる気はないか?」

 

久利生が聞くが、別れ話だけで切りつけてくる男は許せないという。

 

牛丸が江上にフランス大使館のパーティーの招待状を渡している。

 

「出席者は女性同伴ってことだから」と牛丸。

 

一方で、リンゴをむいている美鈴。

 

家庭的なイメージのない美鈴のそんな姿に驚がくする遠藤、末次、芝山。

 

美鈴は部屋へ戻っていったが、予想通りリンゴはひどい有様だった。

 

事情聴取が終わり、部屋から出てくる紗江子と雨宮。

 

「誰がこんな下手なむき方したんですか!?」とリンゴを見た雨宮が驚く。

 

「男性は、普段こんなことしないもの」と、紗江子が残っていたリンゴを手ぎわよくむき始める。

 

みんな紗江子のむいたリンゴにしか手をつけない。

 

紗江子にメロメロの男性陣を、美鈴がドアの隙間から見ている。

 

そんな美鈴に気づいた芝山があわてている。

 

はたまた、江上はフランス大使館のパーティーに雨宮を誘うも、間髪を入れず断られていた。

疑惑

久利生と雨宮が事件について話し合っている。

 

紗江子は過去に、お金をだまし取られたとして二人の男性から被害届を出されていた。

 

一人は150万円、もう一人は200万円だまし取られたという。

 

その後、被害届は取り下げられているものの、久利生は結婚詐欺を疑っていた。

 

こだわる久利生に取り合おうとしない雨宮。

 

しかし、二人は被害届を出した男性たちに話を聞きに行くことに。

 

男性たちは、どちらもやはり「生まれ変わっても一緒にいようね」と紗江子に言われていた。

 

紗江子は結婚をチラつかしていたものの、どちらの男性とも具体的な結婚話を進めたわけではなかった。

 

そのため、立件できずに被害届を取り下げていたのだ。

 

彼らの話を聞いて、結婚詐欺を疑い始めた雨宮。

 

「考えがコロコロ変わるよな」と久利生に言われながらも、「立件しましょう!」とはりきる雨宮。

 

しかし、結婚詐欺は難しいといつになく消極的な久利生。

 

雨宮は、「K-1でいうとリングにも上がれない臆病者だ」と言い放ち店を一人出て行ってしまう。

 

久利生は一人考え込む。

逆告訴

先ほどのリンゴの件でイライラしている美鈴。

 

雨宮に断られた江上は、パーティの招待状を芝山へ渡していた。

 

これ幸いとばかりに、美鈴を誘う芝山。

 

一方で、久利生と雨宮は、宮川と話をするため警察へ来ていた。

 

「紗江子を結婚詐欺で逆告訴するつもりはあるか?」との二人の問いに口をあんぐりさせる宮川。

 

その晩、牛丸や鍋島の会食に雨宮が遅れてやってきた。

 

牛丸に、紗江子を逆告訴することをうれしそうに伝える雨宮。

 

鍋島にも話が聞こえていたようで、いたずらっぽい笑顔を浮かべている。

 

そのころ、紗江子の料理教室ではレッスンが始まっている。

 

紗江子と話すために来た久利生だったが、助手に生徒と勘違いされレッスンに参加することに…。

 

そこには、なぜか末次と遠藤が生徒として来ていた。

 

レッスンが終わり、紗江子は久利生に教材の残りで作ったという料理をふるまう。

 

談笑していた二人だったが、「先生が男性にもらったお金は何に化けた?」と久利生の直球の一言。

 

…紗江子の動きが止まる。

 

宮川が紗江子に120万円だまし取られたとして告訴した。

 

詐欺容疑の被疑者として、明後日午前10時に地検に来るようにと伝え久利生は帰っていく。

 

余裕の笑みを見せる紗江子。

敗北

翌日、芝山はパーティに美鈴を怪しまれずに誘うため、みんなの前で芝居をする。

 

しかし、あまりにも芝居が下手でうまくいかなかった。

 

そのため、招待状は遠藤へ。

 

その晩、久利生と雨宮、江上が結婚詐欺を立件するために話し合っている。

 

江上は、牛丸から頼まれてしぶしぶ引き受けていた。

 

様々な可能性を考え検討する雨宮。

 

しかし、「ムリだ」とくり返すばかりの江上。

 

そんな江上に雨宮は「やる気のない人は帰ってください」とキッパリ。

 

江上は「あきらめたほうがいい」と帰っていった。

 

「好きな人にあんなこと言われたら傷つくだろ」と久利生が言うが、雨宮はくだらないと吐き捨てる。

 

恋愛をくだらないと思っている雨宮は、紗江子と同じで被害者の気持ちが分かっていないと久利生。

 

それを聞いた雨宮も帰ってしまった。

 

翌朝、久利生が徹夜して調べた書類が散らばっていた。

 

朝になってもまだ判例を調べている。

 

一方、遠藤が女の子に電話をかけてパーティーに誘うが断られている。

 

そして招待状は末次の元へ…。

 

紗江子の取り調べが始まった。

 

紗江子は、付き合っていた男性から金を受け取った前日に、別の男性とモデルルームに行っていた。

 

サラ金にまで手を出して紗江子に金を渡した男性もいたという。

 

しかし、紗江子は「恋愛してただけ」と笑う。

 

「無防備で純粋なところを利用するなんて許せない」と真剣な表情の久利生。

 

すべてが終わり、紗江子と雨宮が城西支部から出てくる。

 

最初から最後まで堂々としていた紗江子に「強いんですね」と雨宮。

 

「だけど、久利生さんの方がずっと人間らしい」と続ける。

 

紗江子はそれでもやはり、さっそうと帰っていった。

 

鍋島と牛丸が、久利生はなぜ負けることが分かっていてあんなことをしたのだろうと話している。

 

いつものバーで一人ダーツをする久利生は悔しさをにじませる。

起訴猶予

久利生は、紗江子の料理教室へ来ている。

 

結婚詐欺が不起訴になったことを伝えに来たのだ。

 

カラ元気の久利生に、「悔しかったんじゃないの?」とお見通しの紗江子。

 

久利生は負けを認めるしかなかった。

 

紗江子のキッチングッズを興味深そうに見ている久利生を見つめる紗江子。

 

今までの久利生や雨宮の言葉を思い出すうちに、紗江子の中で何かが変わった…。

 

「告訴は取り下げるわ」

 

雨宮は、結婚詐欺の難しさに気づき、臆病者と言ったことを久利生に謝罪する。

 

久利生は「リングに上がってKOされたよ」と笑う。

 

末次からもらったというパーティの招待状を持っている久利生。

 

末次は、別れた奥さんを誘ったが逃げられたそうだ。

 

「よかったら……江上さんとどう?」

 

江上に迷惑をかけたからと素直に招待状を受け取る雨宮。

 

久利生は、宮川に会いに来ている。

 

紗江子に負け、パーティにも行けずロクなことがないと宮川にグチる久利生。

 

久利生は思い出したように検察バッジを見せながら起訴猶予を宣言する。

 

二人は笑顔で握手をした。

今回は、久利生の完全勝利とはいきませんでした。

 

それほど、結婚詐欺を立証するのは難しいのですね。

 

しかし久利生の熱い言葉に、最後は紗江子も何か感じるものがあったようです。

 

現在ユーチューバーとして活躍する宮迫さんが、俳優として出演しているところも注目です!

 

HERO(ドラマ1期)の4話ネタバレと感想を紹介!

江上の失態

いつものバー。

 

テレビでは、フットゴーの通販番組が流れている。

 

さきほど注文した定食が久利生の前へ。

 

まさかと思いながら納豆も注文する。…「あるよ」とマスター。

 

芝山は、一部上場企業しか相手にしないという大手弁護士事務所からヘッドハンティングを受けている。

 

大喜びの芝山。

 

江上と雨宮は、ストーカー殺人の被害者女性の検死に立ち会っていた。

 

刃物で深く刺されたことが致命傷となったという。

 

雨宮は、解剖の勉強のために江上についてきていた。

 

その江上はと言うと、遺体を見て気分が悪くなりトイレにかけ込んでいる。

 

ストーカー殺人の被疑者は、小山田秀二。

 

逃亡の際、マンションの階段から落ちてケガをしたたため入院している。

 

現在は入院中のためいったん釈放されており、退院したのち再逮捕する予定である。

 

警察は、取り調べのため早く退院させたがっていた。

 

小山田の部屋へやってきた江上と雨宮。

 

本人はふとんを頭からかぶっていて、まったく顔が見えない。

 

江上が質問を始めようとすると、小山田がガバっと起き上がった。

 

「僕は殺してない!」

 

驚いて飛びのく江上と雨宮。

 

小山田は事件当日、朝まで遊んでいて被害者の隣に住む姉のところへ泊りに来た。

 

しかし、姉が不在だったため帰ろうとすると、血だらけの女性が飛び出して抱きついてきたという。

 

「本当です!!」と小山田はむせび泣く。

 

話を聞いた江上の判断で、逮捕は見合わせて参考人として入院させておくことになった。

 

小山田は現行犯逮捕されたが、凶器は見つかっていない。

 

それにケガをしていて動けないため、急ぐ必要はないと判断したのだ。

 

事件を担当する警部補の壇原段は納得のいかない様子。

 

その後、いつものバーで江上と雨宮が飲んでいる。

 

そこへ、牛丸から江上に電話が入る。

 

「小山田が病院から逃げた!」

 

あわてて病院へかけつける二人。

 

壇原は、「あんたが逃がしたんだ」とカンカンだ。

ままごと

警視庁から抗議書が届いていると、鍋島が牛丸と江上に伝える。

 

平謝りの牛丸。

 

もし小山田が本当に犯人であれば、責任は検察が負うこととなる。

 

テレビでも、マスコミが検察の責任を追及する姿勢を見せていた。

 

城西支部のメンバーが、江上の処分について話している。

 

久利生は、小山田が捕まった時の写真を見て、彼は犯人ではないのではないかと言う。

 

小山田の着ているGジャンは、100万もするヴィンテージもの。

 

そんな大事な服を着て人を刺しに行くだろうかと。

 

美鈴と雨宮が事件現場へ。

 

事件現場ではマスコミがたくさん集まっている。

 

検察とバレると囲まれるため、二人はイケイケの女性を演じてその場を乗り切った。

 

一方で、久利生の部屋では、無銭飲食の被疑者の取り調べが行われている。

 

雨宮が江上の担当をしているため、久利生には末次がついている。

 

現場は、ストーカー殺人の現場のすぐ近くの焼肉店だ。

 

前日の朝方から丸一日飲食した男は、4万2840円を支払わず店から出ていったことで逮捕された。

 

頼んだものを一つずつ確認していく久利生たち。

 

ストーカー殺人の現場では、美鈴と雨宮が部屋からの逃げ道がないかを探っている。

 

目撃者によると、小山田と被害者女性の他に部屋から出てきた人はいなかった。

 

犯人は部屋から直接外へ出たということだ。

 

しかし、ベランダは高くて飛び降りることは不可能。

 

隣のベランダをつたっていった形跡も残っていなかった。

 

熱心に検証する二人を壇原は、「ままごとだ」とバカにする。

 

にらみ合う美鈴と壇原。

検事たちの捜査は続く

テレビでは、ストーカー殺人の報道が続いている。

 

久利生は小山田の姉に話を聞こうとするも、テレビではその姉がマスコミに追い回されている。

 

メンバーたちの悪い雰囲気に、肩身のせまい江上。

 

そんな中、芝山は弁護士事務所の担当者と電話で会う約束をしている。

 

それを見る美鈴の目は冷たい。

 

久利生と末次は、ストーカー殺人の現場へ。

 

スーツを着た末次だけがマスコミに囲まれ、まんざらでもない様子。

 

マスコミにまったく相手にされない久利生は、「スーツ買おうかな」とぶつぶつ言っている。

 

小山田の姉を訪ね、呼びかけてもまったく反応はない。

 

「検察はヒマなのか?」とかみついてくる壇原に、

 

「あの人はもともとお出かけ好きですから」と冷静に返す末次。

 

弁護士事務所を見学に来ているのは芝山だった。

 

担当者は、芝山に検察のポリシーは捨てるよう話す。

 

契約企業の利益を守るためなら、卑怯な手を使うこともいとわないという。

 

芝山と美鈴はカニを食べに来ている。

 

ヘッドハンティングのことをうれしそうに話す芝山に、美鈴は別れを切り出す。

 

久利生たちは、無銭飲食の最後のメニューの確認をしている。

 

最後に注文したのは、焼き立てリンゴパイだった。

 

しかし、食い逃げ犯はこれは食べていないと話す。

 

彼は、リンゴパイを食べる前にトイレに行った。

 

だが、全然空かなかったため、公園のトイレに行こうと店を出たら捕まったのだという。

 

しかし、その当時の所持金は5020円…。悩む久利生。

 

久利生と末次は、焼肉店へ向かった。

 

店員に話を聞くと、確かにリンゴパイは食べていないという。

 

だが、ストーカー殺人でやって来たパトカーを見てあわてて逃げたのだそうだ。

 

客も食い逃げ犯だけだったので、トイレに先客がいたというのもウソだろうという店員。

 

一方、芝山が遠藤に連れられてストーカー殺人の現場へ。

 

行くのを渋っていた芝山だが、マスコミに囲まれるとノリノリで対応している。

 

現場の部屋で事件を再現している二人。

 

ナイフに見立てたスリッパを片手に、芝山が遠藤を追いかける。

 

しかし、すばしっこい遠藤をなかなか捕まえられない。

 

そこで壇原が、あざやかな逮捕術を遠藤にかける。

 

そこへ、小山田確保の知らせが入る。

 

城西支部では、小山田逮捕のニュースが流れている。

 

小山田は、自供を始めたという。あきらめモードのメンバーたち。

 

そんな中、久利生が席を立ち外へ出ていく。

 

雨宮もそれに続く。

本当のことが知りたいだけ

事件現場へやって来た久利生に「そんなにメンツが大事か?」と詰め寄る壇原。

 

お互いにつかみかかる寸前というところで、雨宮が声をあげる。

 

「ガスのにおい!」

 

小山田の姉の部屋からガスが漏れだしている。

 

部屋の真ん中で、ガス自殺を図った小山田の姉が倒れている。

 

急いで窓を開け声をかけ続けると、小山田の姉は意識を取り戻した。

 

三人は、小山田の姉の看病をして朝まで過ごした。

 

朝食を買ってきて二人に配る壇原。

 

なぜそんなにムキになって捜査するのかと久利生に問う壇原。

 

責任やメンツのためだと思われていることに、久利生はうんざりしていた。

 

久利生は言う。

 

「本当のことが知りたいだけだ」

 

その時、外からピーピーピーと音が聞こえてきた。

 

ベランダから見下ろすと、マンションの下に大きなトラックが停まっている。

 

何かに気づき、あわてて外へ飛び出す久利生。

 

壇原もそれを追いかける。

 

トラックの運転手は、毎朝この時間この場所に駐車するという。

 

トラックにのぼる久利生。

 

マンションを見上げると、飛び降りられる位置に殺害現場のベランダが。

 

トラックの天井には血こんも残っていた。

 

「お前らのしつこさは負けたよ」と壇原。久利生と雨宮は笑顔だ。

 

雨宮が牛丸に、血こんが見つかったことを電話で報告している。

 

牛丸の声を聞いた城西支部のメンバーは、バタバタと部屋から飛び出してくる。

 

江上、末次、遠藤は、事件現場へ捜査に行くと名乗り出る。

 

結局、最後に手をあげた美鈴が現場へ行くことに。

 

行くと言わなかった芝山は、きまりの悪そうな顔をしている。

 

しかし、芝山も「検察としての最後の事件になるかも」と美鈴の乗るタクシーに乗り込んできた。

 

久利生たちは、マンションの外での警察の捜査に参加している。

 

マンションを出たすぐの曲がり角に、被害者の血液反応があった。

 

久利生が顔を上げると、そこには例の焼肉店があった。

 

あとからやって来た美鈴、芝山と久利生たちは全員で焼肉店へ向かう。

 

食い逃げ犯は、トイレに先客がいたと話していた。

 

トイレのタンクを開けると、ずばりナイフが落ちていた。

 

事件当時、客は食い逃げ犯ただ一人だった。

 

事件があった時間に入っていたアルバイトは誰かと店員に尋ねる。

 

ガシャン!

 

久利生たちの目の前で、皿を落としたアルバイトの男が逃げ出す。

 

久利生に言われ、芝山が店の外で待ちかまえている。

 

前に壇原が見せた逮捕術で、芝山が見事に犯人を確保した。

充実感

テレビでは、ストーカー殺人の真犯人逮捕のニュースが流れている。

 

アルバイトの男は、全面自供しているそうだ。

 

「いい汗かきましたね、芝山さん」

 

「仕事したーって気分よね」

 

充実した面持ちで、事件について興奮ぎみに語り合うメンバーたち。

 

釈放された小山田が、姉に連れられて城西支部を訪れる。

 

迷惑をかけたとわびる小山田に、「クビになるところだったよ」と江上。

 

その場にいない久利生にお礼を伝えてほしいと小山田の姉が言う。

 

メンバーたちは、100万円だというGジャンを着てきた小山田にむらがる。

 

しかし、このGジャンは1万円で買ったという小山田。

 

江上が久利生の部屋へ。

 

Gジャンが安物だと分かってたのかと聞く江上に、知らなかったフリをする久利生。

 

借りを作ったつもりはないと言いながらも、江上が一言。

 

「…ありがとう」

 

江上が部屋から出てくると、今度は芝山が部屋へと入っていく。

 

検事なんてやってられないと思わないかと聞く芝山。

 

「犯人を捕まえたとき、カッコよかったです」と久利生が言うと、芝山は「そっか」と部屋を出ていった。

 

自室に戻った芝山は、ヘッドハンティングを断っている。

 

それを見ていた美鈴は、満足げな顔をしていた。

 

いつものバーでまたもフットゴーの通販番組がやっている。

 

久利生と雨宮が飲んでいるところに、壇原が届いたばかりのフットゴーを持ってやってきた。

 

彼も通販好きなのだ。

 

お好み焼きが食べたいけどないだろう…いや、ココ案外あるんですよ…と話す壇原と久利生。

 

そしてマスターの返事はいつも通りだった。

 

「あるよ!」

全力で捜査に励む久利生に、城西支部のメンバーたちも影響されているようです。

 

みんなの熱さにいまいち乗り切れない芝山でしたが、終盤で見せた逮捕術はカッコよかったですね。

 

今回は、雨宮の代わりに末次が久利生の担当事務官でした。

 

末次と久利生のクスっと笑ってしまうような掛け合いもあり、なかなかいいコンビでした。

 

注文すると、何でも「あるよ」と出してくれるマスターもおなじみですね。

 

HERO(ドラマ1期)の5話ネタバレと感想を紹介!

大人の恋愛

夜、久利生と雨宮が仕事をしている。

 

帰ろうと席を立った久利生が、雨宮を食事に誘う。

 

「今日中に調べておきたい判例がある」と顔も上げずに断る雨宮。

 

それでもねばる久利生に、雨宮は「お疲れさまでしたー」と冷たい。

 

久利生は、あきらめて帰っていく。

 

その後、雨宮はコーヒーをいれている。

 

急に雨宮に抱きつき迫る江上。

 

おどろいた雨宮は、コーヒーを江上の顔にコーヒーをぶちまける。

 

場面は変わり、久利生と雨宮は夕暮れの浜辺を歩いている。

 

「さむくね?」と雨宮の肩を抱く久利生。

 

そして「愛してる」と雨宮にキスしようと顔を近づけ…。

 

そこでハッと目を覚ます雨宮。

 

通勤途中のバスで居眠りして、夢を見ていたのだった。

 

そんな夢を見たせいか、目の前の女子高生の欲求不満という言葉にドギマギしてしまう。

 

さらに、バスの広告の文字が欲求不満に見えてしまった。

 

城西支部では、美鈴が芝山に最近レストランやプレゼントが手抜きだと文句を言っている。

 

雨宮が登庁してくると、仕事の話をしていたかのようによそおう二人。

 

そこへ、遠藤と末次が不倫でとばされた検事のウワサ話をしながら部屋へ入ってくる。

 

鍋島から牛丸へ電話が入る。

 

「スキャンダルのようなつまらぬことで足元をすくわれないよう注意するように」

 

と念を押される。

 

最後に登庁してきた久利生を見て、夢のことを思い出しあわてる雨宮。

 

メンバーたちのウワサ話は続く。

 

雨宮は、「不倫なんてサイテー」と言い放つ。

 

「恋愛の一つもしたことない人が言ったって説得力ないわよ」と美鈴。

 

バカにされカチンときた雨宮は思わず、奥さんのいる人と大人の恋愛をしていると宣言してしまう。

 

「ウソだろ」とつめ寄る江上に、夢の通り顔にコーヒーをぶちまける。

不倫のもつれ

久利生が、傷害事件の取り調べをしている。

 

被疑者の矢口徹は、不倫関係の話し合いの際、包丁を振り回し妻にケガをさせた疑いがある。

 

全身を黒のブランドもので固めた矢口は、「妻が自分でやった」と否定。

 

しかし、矢口の愛人である川原朝美は、暴れる矢口を止めようとした妻に矢口が切りつけたと証言。

 

好きな男性をかばうのが普通だと、起訴に前のめりな雨宮。

 

しかし、ムキになるなと久利生にけん制される。

 

そのころ、芝山は不倫をした検事について遠藤に探りを入れている。

 

牛丸に電話で呼び出された雨宮。

 

牛丸は、雨宮が不倫していると聞き、スキャンダルを起こすのではないかと気にしている。

 

江上はトイレの個室で、雨宮の不倫のことを考え落ち込んでいる。

 

トイレに入ってきた末次と遠藤の話題の種は、雨宮のウワサ話。

 

雨宮は江上に気がない、空回りだなどと、言いたい放題の二人。

 

それを聞いた江上は、末次に大量の仕事を押し付ける。

 

どうしても不倫検事が気になる芝山。

 

自分も不倫がバレてとばされるのではと心配する芝山に、「ガッカリだわ」と美鈴。

 

久利生は、傷害事件の朝美の証言を気にしている。

 

相手の家に乗り込むほど好きだったのに、事件があったら急に気持ちが冷めたという朝美。

 

雨宮はたかが恋愛で人生を棒にふれないと言うが、久利生は納得していない。

 

朝美の証言の確認のため、千葉まで来た久利生と雨宮。

 

事件の3日後に、旅館をいとなむ実家へ帰ってきたという。

 

旅館のすぐ近くには海が広がる。

 

久利生と浜辺を歩き、夢を思い出してしまう雨宮。

 

旅館で、朝美の話を聞く二人。

 

事件のあった日、朝美は矢口の忘れた手帳を届けに家まで行った。

 

結婚していることはうすうす分かってはいたが、独身だと信じたかったのだという。

 

矢口の妻は朝美を見てすぐ関係に気づき、矢口と妻は口論になり事件が起こった。

 

朝美の証言は、調書通りであった。

 

証言が本当なら矢口は傷害罪で起訴されると聞いた朝美は、「間違えない」とうなずく。

 

事情聴取のあと、自動販売機でタバコを買おうとするも小銭を切らしているという久利生。

 

そこへ、朝美がフロントに置いてあったカバンから黒い財布を取り出し両替をする。

 

何かに引っかかっている様子の久利生。

 

久利生は、ここに泊まると言い出す。

 

芝山は、遠藤に探らせた不倫検事の話を聞いている。

 

えげつない内容に絶叫する二人。

ウソ

こたつでお茶を飲み、くつろいでいる久利生と雨宮。

 

朝美の母親に、写真を見せてもらっている。

 

おとなしめの服を着た朝美。

 

母親も「おとなしくて優しい子が、不倫するなんて」と話す。

 

なぜ写真を見るのかと聞くも、久利生はごまかして答えない。

 

城西支部では、牛丸が美鈴に雨宮の不倫について探りを入れている。

 

スキャンダルになったら雨宮をとばさなきゃいけないと話す牛丸に、男も同罪だとキレる美鈴。

 

東京に帰るため、バスを待つ久利生と雨宮。

 

朝美にウソをつかれている気がすると久利生。

 

久利生は、朝美はまだ矢口のことが好きなのではないかと考えていた。

 

彼女の持っていた黒のブランドものの財布は、矢口の趣味ではないかと。

 

おとなしめの服が好きな彼女には、その財布はイメージが合わない。

 

「好きならば不利な証言はしないのでは?」と聞く雨宮。

 

好きだからこそ、おとしいれるということもあると久利生は言う。

 

二人は、やはり旅館に泊まることに決めた。

 

しかし、部屋は一部屋しか空いておらず、相部屋になることに。

 

二人が相部屋で千葉に泊まると牛丸から聞いた江上は、末次にさらに仕事を押し付ける。

 

いつものバーで飲む美鈴と芝山。

 

「部長に私たちの不倫のことしゃべっちゃった」とウソをつく美鈴。

 

牛丸は二人が関係を続けるなら地方へとばすと言っていたと話す。

 

「どうする?別れる?」

 

と芝山につめ寄る美鈴に地方なら行ってもいいと芝山。

 

旅館の部屋では、雨宮が缶ビールをすでに何本も空けている。

 

そんな雨宮に彼氏のことを聞く久利生。

 

彼氏は、ネットで知り合った下駄みたいな顔をした漁師だと話す雨宮。

 

「漁師で下駄の何が好きなの?」と問いただす久利生から逃げるようにお風呂へ行く雨宮。

 

「漁師はマズかったかな~」と、お風呂で雨宮がひとり言を言っている。

 

同じくお風呂で久利生は「漁師か…」とつぶやく。

相手の幸せ

ゆかたを着てお風呂から戻った雨宮は、一人食堂で座っていた朝美と話し出す。

 

久利生と相部屋になったことを「うれしかったりして」と朝美に言われ、ムキになって否定する雨宮。

 

彼氏はいるのかと聞かれ、雨宮は久利生が近くにいないことを確認して話し始める。

 

「中途半端な気持ちで男の人と付き合ったりできないんです」

 

ちょうどお風呂から戻ってきた久利生が、聞き耳を立てる。

 

久利生に気づいていない雨宮は続ける。

 

「相手の幸せを自分より考えられるくらいちゃんと好きにならないと、恋愛は無理なんです」

 

「相手の幸せか…」朝美は何かに思いをはせる。

 

それから、「そんな風に考えられたらいいわね」と笑顔で言った。

 

不倫のことを軽べつしているかと聞く朝美。

 

朝美自身も不倫を軽べつしていたという。

 

「頭で考えているようにはいかないわね」

 

それに対し、雨宮は気持ちを吹っきって前向きな朝美は立派だと話す。

 

恋愛がからむと皆、感情的にならずにはいられないのだ。

 

久利生が部屋へ戻ると、ふとんもかぶらずに雨宮が寝ていた。

 

自分の毛布をかけてあげる久利生。

 

そっと雨宮のメガネを外し顔を見つめる。

 

立ち上がり冷蔵庫の上にあったパンフレットを見て「そういうことか」とつぶやく。

 

そのころ朝美は一人考え込んでいる。

 

朝、雨宮が起きると久利生はすでにいなかった。

 

ロビーで久利生を見つけ、起こしてくれなかったことに文句を言っている。

 

そこへ出かける格好をした朝美がやってきた。

 

地検へ行き、証言を変更するという。

 

そのころ、城西支部の芝山に遠藤が不倫検事の新情報を持ってやってくる。

 

芝山は今までと違い、まったく食いつかない。

 

「いくら知恵をしぼっても、女の強さにはかなわない」と芝山。

 

美鈴は牛丸に雨宮の不倫はウソだと話している。

 

久利生の部屋では、朝美が本当のことを証言し始めた。

 

矢口は必死になって奥さんに謝っていた。

 

死んでやると包丁を振り回したのは、奥さんだったという。

 

そのとき、矢口には朝美は目に入っていなかった。

 

本当のことを証言したのは、相手の幸せを考えられる恋愛をしなければと思ったからだと話す。

 

朝美は言う。

 

不幸な女は、忘れられた女だと。

 

自分を刑務所に入れた女のことは一生忘れないから、と…。

 

朝美は、犯人隠避の罪に問われる可能性がある。

 

それでも、朝美はすっきりとした表情で帰っていった。

 

雨宮は、朝美の言っていたことが分からないという。

 

恋愛には人の常識を超えるものが存在するのだと久利生。

 

「いないのに彼氏がいるってバレバレなウソついちゃう女の子もね」

 

雨宮は、机の上にあったパンフレットをあわてて服の中にしまう。

 

パンフレットの表紙には、下駄顔の漁師が載っていた。

今回は、被害者や容疑者ではなく目撃者に焦点を当てたストーリーになっていました。

 

刑務所に入れた女のことは忘れないからウソの証言をした、という朝美の言葉が切なく響きましたね。

 

冒頭で久利生と雨宮がいい雰囲気でしたが、実は雨宮の夢でした。

 

夢のせいで久利生を意識してしまう雨宮がかわいらしかったです。

 

今後の二人の恋模様にも注目したいですね。

 

HERO(ドラマ1期)の6話ネタバレと感想を紹介!

警官殺し

夜の11時の城西支部。

 

一人通販番組を見ている雨宮が、こっそり何かを注文している。

 

次の日、久利生の部屋では取り調べが行われている。

 

被疑者は、保田善之。

 

2月4日の午後11時、警官をナイフで刺して逃走した疑いがある。

 

保田は「どんな罰でも受ける」と話すが、うつむき震えている。

 

ガッシリとした体つきをした保田は、柔道4段だ。

 

若い人に大勢でからまれたことがあり、護身用にナイフを持っていたと話している。

 

取り調べが終わり、久利生はメンバーたちと談笑している。

 

柔道4段の安田が、ナイフを持っていたことが気にかかる様子の久利生。

 

そこへ、久利生に通販グッズが届く。

 

ガラクタが増えたと文句を言っていた雨宮にも、配達物が。

 

メンバーたちには捜査資料だとごまかし、トイレでこっそり開封する雨宮。

 

いつものバーで、雨宮はメガネを外しすました顔で一人飲んでいる。

 

そこに久利生がいるのに気づき、うんざりした顔をする雨宮。

 

久利生は、二人組のサラリーマンと仲良くなっている。

 

雨宮は、そのサラリーマンの一人である真壁と話し込む。

 

別の店に行こうと真壁に誘われ、付いていくことに。

 

二人が出ていったあと、久利生に芝山から電話が入る。

 

警官殺しの保田が「自分は身代わりで自首した」と言い出したというのだ。

ハングリーハート

雨宮は、真壁に連れられ「ハングリーハート」という店にやってきた。

 

カバンからは、買ったばかりの通販グッズの封筒がのぞいている。

 

真壁に「今日は特別なんだ?」と聞かれ、通販グッズに目が行く雨宮。

 

そこへ久利生から電話が。

 

警官殺しのファイルを探しているという。

 

雨宮が場所を教えると「どうぞごゆっくり」と、さっさと電話を切る久利生。

 

雨宮が席へ戻ると、真壁に奥へ連れていかれそうになる。

 

すると店内がざわつき始める。

 

警察が賭博の強制捜査に乗り込んできたのだ。

 

警察を見て、逃げ出す真壁。

 

そうぞうしい店内で、雨宮はカバンを落としてしまった。

 

床に散らばった荷物を、必死でかき集める雨宮。

 

その後、雨宮は警察で取り調べの順番待ちをしている。

 

結局、朝になってやっと解放された雨宮。

 

取調室から雨宮が出てくると、目の前のベンチに久利生が。

 

雨宮のカバンを抱えて眠っている。

 

事務官を迎えに来るようにと電話があったという。

 

「バカヤロー!」

 

城西支部に、牛丸のどなり声が響き渡る。

 

こんなことは前代未聞だと、カンカンの牛丸。

 

通販グッズがないことに気づいた雨宮は、話の途中にもかかわらず部屋を飛び出す。

 

鍋島から牛丸に警官殺しについての電話が。

 

警察は身内を殺されムキになり、解決を急ぎすぎている。

 

くれぐれも慎重にと担当の久利生に伝えてほしいと鍋島。

 

そのころ、雨宮は落とした通販グッズを探しに警察に押しかけている。

 

押収品リストを見せてほしいと言うも、警察に相手にしてもらえない。

完璧なアリバイ

久利生は、警官殺しの新たな被疑者である太田川晋平を取り調べている。

 

サラ金社長の太田川は、自首してきた安田にカネを貸していた。

 

借金を盾に、自分の身代わりになり出頭するようおどしたのだ。

 

ナイフから太田川の指紋が出ているうえに、目撃者もいる。

 

しかし、太田川は乾いた笑いを浮かべ容疑を否認する。

 

太田川は、事件のあった2月4日から昨日まで九州にいたというのだ。

 

調べると、旅館の従業員の証言、領収書などの裏がとれアリバイは完璧だった。

 

しかし、この旅館の女将。

 

3年前に、客寄せのためツチノコを目撃したとウソをついていたことが新聞沙汰になっていた。

 

しかも、太田川から借金をしていたというのだ。

 

太田川が女将にアリバイ工作をさせることは簡単だと踏んだ久利生。

 

事件当時、太田川が東京にいたことを証明することがカギとなる。

 

雨宮は、落とした通販グッズをまだ気にしている。

 

「お前がパクられた店ね」と久利生にからかわれる。

 

雨宮が探しに行こうとするも、久利生に太田川の家宅捜索に連れていかれてしまう。

 

太田川の家に着いた二人。

 

ツボの中にいろいろな店のマッチ箱が大量に入っている。

 

すべて押収する久利生。

 

夜、「ハングリーハート」へやってきた雨宮。

 

しかし警察によって立ち入り禁止のテープがはられている。

 

雨宮はテープをくぐり中へ。だが、入り口にはカギがかかっていた。

 

そこへ雨宮の顔なじみの警官が巡回でやってくる。

 

開けてほしいと頼むも、雨宮が店にいたことを知っていた警官は開けてくれない。

 

次の日、マッチの住所を一つ一つ確認する久利生。

 

一方、江上は生ガキを万引きした女の取り調べをしている。

 

取り調べが終わると、雨宮が部屋へ入ってくる。

 

大事なものをなくしたから例の店に入れるようにしてほしい、と江上に頼みに来たのだった。

 

ここでも「キミのパクられた店?」と言われる雨宮。

 

江上が警察に電話して、店を調べさせてほしいと頼む。

 

しかし、雨宮が封筒を探して店をかぎまわっていると警察に聞かされおどろく江上。

 

江上は、「なかったことにしてくれ」とあわてて電話を切る。

 

雨宮が警察にマークされていると江上がメンバーたちに話している。

 

封筒にヤバいものが入っているのではとうわさしている。

 

そこへ、うつろな表情をした雨宮が入ってくる。

 

絶対におかしいと話すメンバーたち。

必死の捜索

久利生が押収したマッチ箱を並べている。

 

東京の店に一軒一軒あたり、太田川のアリバイをくずそうというのだ。

 

その中に、あの「ハングリーハート」のマッチ箱が。

 

通販グッズを探しに行きたい雨宮は「手がかりがあるかも!」とやる気満々。

 

まっ先に「ハングリーハート」に行こうとする雨宮だったが、最後にされてしまう。

 

次々と店を回る二人。

 

どの店にも、最近太田川は来ていないという。

 

一方、城西支部。

 

メンバーたちのうわさ話は続く。

 

「ハングリーハート」のガサ入れは賭博ではなく別件だったという情報が入った、と江上。

 

それを聞いたメンバーたちは、雨宮の探す封筒の中身は麻薬ではないかと推測する。

 

その話を聞いていた牛丸は、ショックで動けない。

 

やっと「ハングリーハート」に来ることができた雨宮。

 

しかし、久利生に牛丸から電話が。

 

「雨宮を連れて帰ってこい!」と牛丸はブチギレ。

 

久利生にはがい絞めにされ、泣く泣く連れていかれる雨宮。

 

城西支部に戻った雨宮は、震える牛丸に本当のことを話してほしいと頼まれる。

 

麻薬を疑われているなどと思ってもみない雨宮は「何のこと?」とキョトンとしている。

 

しかし、なんであんな店に行ったのかと聞かれた雨宮は、「それは…」と言葉につまる。

 

すると、横から「ナンパされてついて行ったって言った方がいいよ」と久利生。

 

あっけに取られるメンバーたち。

 

今度こそ、店の中に入ることができた雨宮。

 

事件のことはそっちのけで、通販グッズを店のすみずみまで探し回る雨宮。

 

雨宮が机の下に手を伸ばし、これじゃないとマッチ箱を投げ捨てる。

 

それが久利生の足もとへ。拾い上げる久利生。

 

雨宮がソファをどけると、通販グッズを見つけた。

 

しかし、中身はなく封筒だけだった。ガックリと肩を落とす雨宮。

 

それを見た久利生が、「お前が探してるものって…」とポケットを探り何かに気づく。

 

さっき雨宮が放り投げたマッチ箱と、太田川の押収品のマッチ箱を見比べる。

 

片方にだけ、ホームページのアドレスが印刷されている。

 

他にマッチ箱がないか探す久利生。

 

引き出しの中には、2種類のマッチ箱が入っていた。

 

通販グッズが見つからず、「もうダメだ」と落ち込む雨宮。

 

「ダメじゃないかも」と久利生が明るく言う。

探していたもの

久利生が太田川の取り調べをしている。

 

最近「ハングリーハート」に行ったかという質問に覚えていないと答える太田川。

 

2種類見つかったマッチ箱。

 

新しいものにはホームページのアドレスがあり、古いものにはない。

 

そして、デザインが変わったのはなんと事件のあった2月4日の夜からだという。

 

太田川が持っていたのは、新しい方のマッチ箱だ。

 

太田川は九州から戻ってすぐに警察に連行されているため、事件当日しか手に入れるチャンスはない。

 

それを聞いた太田川は、苦しい言い訳を始める。

 

羽田空港から自宅に帰る途中、2月8日夜11時に店に寄ったと。

 

雨宮に「その時間に何があったか教えてあげな」と久利生。

 

2月8日22時30分、カジノ賭博の捜査で店には警察がなだれ込んでいた。

 

「私もパクられたのよ!そんな修羅場で酒を飲んでるやついるわけないでしょ!」と雨宮。

 

拘留は20日間延長できる。

 

「じっくり話聞かせてくださいね」と久利生はにっこり。

 

久利生と雨宮がいつものバーで話している。

 

ねばってくれて助かったよという久利生に、「かまわないで」と落ち込む雨宮。

 

久利生は、「マイコアマミヤ、1976年10月15日生まれ。はい、ごほうび」とペンダントを差し出す。

 

雨宮の探していたものは、最初から久利生が持っていたのだった。

 

なんで隠してたかと聞く久利生に、「普通のアクセサリーですよ、意味もないし」とごまかす雨宮。

 

テレビで通販番組が始まる。

 

雨宮の持っているものとまったく同じペンダントだ。

 

「恋愛運を急上昇する開運ペンダント!今なら名前と生年月日の刻印、無料サービス中!」

 

さらに通販番組は続く。

 

「今なら、仕事運アップの開運ブレスレットがついてくる!」

 

思わず電話をかける牛丸であった…。

今回は、雨宮の落とし物への執念によって事件が解決しました。

 

雨宮が探す封筒の中身を邪推するうわさ好きのメンバーたち。

 

必死になる雨宮と、勝手な憶測であれこれ話すメンバーたちのやりとりに笑ってしまいました。

 

彼らが繰り広げる会話劇のおもしろさも、このドラマの魅力ですね。

 

HERO(ドラマ1期)の77話ネタバレと感想を紹介!

検察事務官

遠藤と末次がそれぞれの担当検事たちにこき使われている。

 

その横で、牛丸は何やら紙を貼りだしている。

 

そして、雨宮もまた美鈴に大量の仕事を押しつけられたのだった。

 

「検事の言いなりなんてやってらんねー」と遠藤。

 

末次もうんざりといった様子。

 

牛丸が貼った紙に、雨宮の目がとまる。

 

すると突然、雨宮は紙を持って牛丸の部屋へとかけ込む。

 

「この試験受けさせてください!」

 

牛丸が貼っていたのは、事務官が副検事になるための試験の知らせだった。

 

しかし、慣例では事務官の経験が10年以上ないと受けられないという。

 

雨宮は、それを特例で受けさせてほしいと牛丸に直訴しに来たのだった。

 

久利生が牛丸の部屋へ入ってきた。

 

牛丸は、二人に新しい事務官が来ると話す。

 

担当はどちらとは決めず、臨機応変にやってくれと牛丸。

 

久利生は、痴漢の疑いがある綿貫耕一郎を取り調べている。

 

2月13日午前8時40分、地下鉄で女性のでん部を触った強制わいせつの罪に問われている。

 

綿貫は、社員1000人を抱える帝都貿易の専務取締役だ。

 

被害者によると、綿貫は前に立っていたサラリーマンの脇から手を伸ばし痴漢をしたのだという。

 

これは、痴漢にあった人が真後ろの人を疑うことを知った常習犯の手口である。

 

一ヶ月の間、何度も同じ手口で同じ女性に痴漢をしていたのだ。

 

しかし綿貫は、2月13日は早朝会議で時間の読める電車に乗ったが、いつもは車で出社していると話す。

 

久利生が詳細を問いただすと、「誤認逮捕、名誉棄損などあらゆることで訴える」と綿貫。

 

取り調べが終わり、綿貫は城西支部の前に停まる車に乗りこむ。

 

後部座席に乗っていた弁護士に「先生の言われたとおりにした」と話してる。

 

新しい事務官の正木晋太郎が城西支部にやって来た。

 

雨宮と久利生が、綿貫の取り調べについて言い合いをしている。

 

「痴漢なんかする男はガンガン追及したほうがいいんですよ!」

 

雨宮は、久利生の対応がぬるいと怒っている。

 

正木が自己紹介ついでに雨宮に一言。

 

「事務官は意見を言わない方がいいですよ」

 

正木は、久利生の通販グッズやカジュアルすぎる服装もまったく気にしないという。

 

ご機嫌な久利生。

クレープ屋の夢

痴漢の被害者である朝倉智美の事情聴取。

 

朝倉は、綿貫と同じ帝都貿易の総務部で働いていた。

 

しかし、急にリストラだと言って解雇されたという。

 

その後の帝都貿易。

 

綿貫が会社に入ってくると、すべての社員がわざわざ立ち止まり一礼する。

 

雨宮と久利生がそんな綿貫を待っていた。

 

綿貫は、下の方の社員のことは報告を受けないからリストラについては知らなかったとしらばっくれる。

 

不当解雇ではないかと問いつめる久利生。

 

すると、弁護士が「被害者の言うことだけで犯人扱いとは横暴だ」と横やりを入れる。

 

「女の子のおしりを触って、バレたらクビという方が横暴だ」と久利生が言い返す。

 

雨宮と久利生が、綿貫の運転手に話を聞きに行っている。

 

運転手の松原は、書いていた業務日誌を脇に片付ける。

 

松原は、2月13日以外は毎日車で自宅から会社まで送っていったという。

 

それだけ話すと「仕事がありますので!」とそそくさと会社へ入っていってしまった。

 

遠藤、末次、正木がいつものバーで飲んでいる。

 

二人は、仕事のできる正木を事務官のかがみだと話している。

 

しかし、正木は事務官なんて検事に尽くしておしまい、やりがいなどないと言い切る。

 

そんな正木は原宿の裏通りでクレープ屋をやるつもりだと話す。

 

店舗を一軒確保していて、オープンを目指し具体的に準備を進めているという。

 

その話に食いつく遠藤と末次。

 

次の日、雨宮をクレープ屋で働こうと誘う遠藤と末次。

 

だが、興味ないと一蹴される。

 

雨宮は牛丸と、法務省の人事課長の接待について話し合っている。

 

内部試験を受けさせてほしいと頼み込むつもりだ。

知られたくない過去

久利生の部屋。

 

朝倉が「結婚を控えているから事件でもめたくない」と話している。

 

しかし、婚約者は泣き寝入りはダメだと言っているという。

 

それを聞いた雨宮は、「訴えましょう!」とはっぱをかける。

 

横から「事務官は意見を言うべきではありません」といさめる正木。

 

朝倉は、最後まで戦うと覚悟を決める。

 

朝倉は、被害に遭った日を日記につけていた。

 

痴漢にあったのは、2月13日までで合計9日間だった。

 

1月10日、12日、18日、24日、31日。

 

2月2日、5日、6日、13日だ。

 

これがすべて同じ人だとどう説明するかと久利生が聞くと、「触り方が同じ」とうつむく朝倉。

 

さらに、どんな触り方なのかと聞くと口ごもってしまった。

 

そこに、帝都貿易の秘書から電話が入る。

 

綿貫に大事な会議が入ったため、取り調べをキャンセルするという。

 

久利生が本人に代わるようにうながすが、代わったのは弁護士だった。

 

弁護士は「不起訴にしてさっさと終わらせましょう」と言いのける。

 

まだ何も始まっていないと怒る久利生に、弁護士があることを告げる。

 

朝倉は、不倫をして相手の妻に訴えられた過去がある。

 

それを裁判で言及すると脅してきたのだった。

 

「婚約者はどう思うでしょうね」と弁護士。

 

電話を切った久利生は、電話の内容をにごす。

 

遠藤は、クレープの構想をしている。

 

正木から変わったものを考えてほしいと言われていた。

 

久利生は、裁判記録に朝倉の名前を見つけた。

 

一方、雨宮は法務省の人事課長の接待中…だが、まったく取り合ってもらえない。

 

いつものバーで裁判記録を開く久利生。

 

そこへ、雨宮がやってきて強い酒を注文する。

 

接待がうまくいかず、酔いたい気分だという。

 

「綿貫を起訴したら、それ出してくるってさ」

 

久利生は雨宮に朝倉の名前が載った裁判記録を見せる。

 

痴漢の手口を説明できないほどヘコんでいるのに、そんなものに耐えられないだろうと久利生。

 

朝倉は、不倫相手の子どもをおろしていた。

 

その事実を一番知られたくないのは、婚約者でないかと。

 

それでも、「脅しに負けたことになる」と息まく雨宮。

 

久利生は、「裁判に勝っても被害者が救われない」とイライラした様子。

目のかたき

雨宮は秘書の萩原の元へ。

 

毎朝、綿貫を出迎えているという萩原に毎日車で来ていたかを聞く雨宮。

 

しかし話したはずだと取り合ってくれない。

 

雨宮は、同僚の女性が痴漢されクビになっているのに上司に逆らえないのかと萩原を責める。

 

しかし、「失礼します」と歩き去る萩原。

 

雨宮と久利生が出かけているせいで、仕事がメンバーたちに割りふられている。

 

それぞれ文句を言いながらも部屋に仕事を持ち帰る。

 

美鈴が正木に「手伝って」と声をかける。

 

自分の仕事でないのにやってあげるメンバーたちを不思議がる正木。

 

久利生は、松原に話を聞きに来ていた。

 

またも、松原は書いていた業務日誌を脇に片付ける。

 

久利生は、綿貫の自宅から会社までのルートを自転車で行ってみたのだという。

 

松原に地図を見せルートを確認する久利生。

 

帰り際に、買いすぎたというたい焼きを松原におすそ分け。

 

美鈴が正木と仕事を片付けている。

 

美鈴が正木に意見を求めるが、「私に言われましても…」と答えない。

 

それでも何度も意見を求める美鈴に、正木がおずおずと意見を言う。

 

その意見をあっさり採用する美鈴。

 

遠藤が、久利生とクレープの話をしている。

 

「検事に言っちゃダメだ」と正木。

 

なんでそんなに検事を目のかたきにするのかと遠藤がたずねる。

 

2年前、被疑者が検事に飛びかかってきたのを、正木が間に入って止めたのだという。

 

その時に、殴られた唇ははれ上がってしまった。

 

それでも検事からは礼のひとつもなかった。

 

それで悟ったのだと。

立派な検事

運転手も秘書も口をつぐんでいる。

 

「起訴は無理ですね」という雨宮に「キミの決めることじゃない」と正木。

 

言い返そうとするも、接待の二日酔いで頭痛におそわれる雨宮。

 

どうしてそんなに検事になりたいのかと久利生がたずねる。

 

雨宮は「私だって被害者を助けたいし、悪いことをしたやつに罰を与えたいんです」と。

 

「じゃあもうやってんじゃん」との久利生の言葉に、ハッとする雨宮。

 

松原の車に、久利生がコーヒーを持って乗り込む。

 

運転するときは、身が引き締まる思いなのだという松原。

 

水を入れたカップをダッシュボードに置いて運転の練習をしたものだとなつかしむ。

 

「たい焼き本当においしかったですよ」と笑顔の松原。

 

トイレに行ってくると、運転席にいつも書いていた業務日誌を運転席に置いていった。

 

その業務日誌が目にとまる久利生。

 

中を見ると、2月6日の到着時間が午前9時10分とある。

 

ピンときた様子の久利生。

 

一方、雨宮と牛丸が鍋島に内部試験の相談をしている。

 

芝山は、彼女に暴力をふるった男の取り調べ中。

 

遠藤は、取り調べそっちのけでクレープの絵を描いている。

 

末次は、江上に「ダンスの協議会があるから、今日だけは定時で帰してほしい」と頼み込む。

 

だが、その頼みは無視される。

 

突然、芝山の部屋からどなり声が。

 

取り調べ中の男が、芝山につかみかかっている。

 

一度は座らせたものの、男は再び立ち上がり芝山に殴りかかろうとして…。

 

殴られたのは、二人の間に入った遠藤だった。

 

芝山がかけ寄るが、遠藤は動かない。

 

「救急車!」と芝山がさけぶ。

 

一方、雨宮たち。

 

鍋島は、検事を目指すにはやはりキャリアが必要だと話す。

 

大事なのは肩書ではないとも。

 

そこへ久利生から「綿貫にウソを認めさせることができるかもしれない」と電話が入る。

 

鍋島との会合を知っている久利生は、綿貫には正木と会いに行ってくると言っている。

 

電話を切り、鍋島の元へ戻ってきた雨宮。

 

「あの…私は仕事がありますので、失礼します」

 

牛丸の制止をふり切り、雨宮はかけ出す。

 

それを見た鍋島が一言。

 

「彼女はいつか立派な検事になりますね」

業務日誌

午前8時52分、帝都貿易のロビー。

 

弁護士をしたがえて出社してくる綿貫。

 

そこには、久利生と正木の姿が。

 

「朝9時の出社にばっちり間に合ってますね」と久利生。

 

後ろから雨宮もやって来た。

 

役員会の議事録を手に、「9時からの会議にも一回も遅刻していない」と久利生が続ける。

 

それなのに、松原の業務日誌では2月6日は9時10分に会社に到着していることになっている。

 

日誌が間違っているのだと弁護士が言う。

 

「私は正確に記録しています」と反論する松原。

 

2月6日は渋滞がひどく到着が20分遅れたのだと。

 

綿貫は電車で行くというので、カラの車で出社したとも話す。

 

3年間も運転手をしていたが、名前さえ覚えない綿貫の下で働くのはうんざりなのだと松原。

 

それでも、綿貫は認めようとしない。

 

雨宮は、秘書の萩原に「間違っているのがどちらか知ってるはず」と語りかける。

 

手帳を開いた萩原。

 

「綿貫が車で出社しなかった日は、9日あります」と日付を読み上げる。

 

それらはすべて朝倉が被害にあった日と一致していた。

 

それでも、自分ではないと言い張る綿貫。

 

「そもそもあんな短いスカートをはいていたら良からぬことを考える男もいる」と言う。

 

「待ってください」と久利生。

 

被害者と顔を合わせたのは、逮捕された日だけのはず。

 

その日は、彼女はパンツスーツを着ていたと話している。

 

ミニスカートをはいた彼女をどこで見たのかと問われると、会社だと答える綿貫。

 

「下の社員に興味ないのにスカートの丈は知っているんですね」と久利生がズバリ。

 

弁護士に向き直る久利生。

 

「あなたのやったことは犯人隠避ですからね」

 

横から正木も「弁護士会に報告すべきでは…」とたたみかける。

 

「貴重なご意見ありがとうございます」とニッコリの久利生。

 

久利生は、綿貫を強制わいせつで起訴すると宣言。

 

弁護士には、被害者の過去を持ち出さないようにクギを刺す久利生だった。

餃子クレープ

病院のベッドで目を覚ます遠藤。

 

メンバーたちが心配そうに顔をのぞき込んでいる。

 

男に殴られたときに頭をぶつけ気を失っていただけで、大事には至らなかった。

 

渋滞で救急車が遅れたため、芝山が遠藤をおぶって病院まで連れてきたのだという。

 

「心配したんだぞ」と言う芝山の手はしっかりと遠藤の手を握っている。

 

江上が急に「末次行こう」と手を引っぱっていく。

 

江上は末次のダンスの協議会のことを覚えていた。

 

後ろに末次を乗せ、急ぎバイクを走らせる江上。

 

そんな彼らの様子を正木が見ている。

 

別の夜、久利生と正木が部屋で仕事をしている。

 

正木は今日で事務官を辞めるのだ。

 

飲みに行きましょうと久利生が正木を誘う。

 

部屋から出ると、城西支部にはもう誰もいない。

 

「勝手な人たちばっかりですよね」と久利生。

 

初めからここにいたら事務官を続けていたかもしれない、と正木がしみじみと話す。

 

いつものバーに到着した久利生と正木。

 

そこには支部のメンバーが全員集まっていた。

 

「クレープを食べに来てくださいね」とみんなに言う正木。

 

メニューは、遠藤の考えた納豆クレープやキムチクレープといった変わり種ばかりだ。

 

久利生の考えた餃子クレープで盛り上がるメンバーたち。

 

「あるよ」とマスター。

 

固まるメンバーたち。

「仕事」にスポットを当てたストーリー。

 

それぞれが自分の仕事について見つめなおすという内容でした。

 

久利生の仕事を割り振るシーンや、「勝手な人たち」というセリフは第1話でも出てきましたね。

 

第1話の久利生の歓迎会には雨宮しか来ませんでしたが、正木の送迎会には全員集まっていました。

 

久利生がやって来たことで、メンバーたちの心境も変わり始めているようです。

 

雨宮が、今後検事を目指すのか事務官として頑張るのかも気になります。

 

HERO(ドラマ1期)の8話ネタバレと感想を紹介!

最強の弁護士

痴漢事件の公判中。

 

検事の席に座るのは、美鈴。

 

相手は、カリスマ美人弁護士として名をはせる巽江里子だ。

 

江里子の最終弁論が始まる。

 

あいまいな状況証拠で、サラリーマンが一生を棒に振ることはあってはならない。

 

「これは検察によって作り上げられた事件です」とあざやかに主張し、弁論を終えた。

 

公判が終わり、江里子が美鈴に「久利生くん元気ですか」と声をかける。

 

久利生を知ってるのかと聞く美鈴に「昔ちょっとね」と意味ありげな笑顔を見せる江里子。

 

「無茶やってたな~、久利生くんとはね…」

 

話そうとするも、江里子はマスコミに囲まれ行ってしまった。

 

城西支部で鼻をかむ美鈴。

 

公判がうまくいかずイライラする美鈴のご機嫌取りをする末次と遠藤。

 

久利生のことを知る江里子のうわさ話が持ち上がる。

 

そんな久利生は、医療ミスの新聞記事を読んでいる。

 

起訴できても公判がやっかいで、みんなやりたがらないという医療過誤。

 

しかし証拠もあり医者は自白している。

 

牛丸は、久利生に担当してくれないかと打診している。

 

「病院は、最強の弁護士をつけると言ってきてるんだよ」と牛丸。

 

通販で買ったベッドに空気を入れながら牛丸の話を聞く久利生。

 

江里子が支部へやって来た。

 

「江里子じゃん!」

 

とても親しげに話す久利生と江里子。

 

「医療過誤事件の弁護士を務める巽江里子です」と自己紹介。

 

後ろに医療過誤の被疑者を連れてきている。

 

久利生は「最強の弁護士って…、担当検事の久利生です」とピース。

医療過誤

医療過誤の疑いがある医師の取り調べ。

 

田所総合病院の外科医、本間芳樹だ。

 

「片山建設現場の事故で…」

 

久利生が取り調べを始めようとすると、それをさえぎり矢つぎ早に話す本間。

 

「私はミスを犯していません!患者は、術後の感染症で亡くなりました」

 

警察では混乱していたため、ミスを犯した可能性も否定できないと話した。

 

しかし、落ち着いて考えてみたらそんなことは絶対にありえないと確信したというのだ。

 

取り調べが終わり出てきた久利生に「起訴?不起訴?」と飛びつく江里子。

 

「拘留するなら理由を言って」と江里子はつっかかる。

 

「一晩で証言が変わったことが気になるから調べたいのだ」と久利生。

 

それに納得できないなどと言い合っている。

 

そこに雨宮が割り込む。

 

「久利生さんは慎重に慎重を重ねて、冤罪にならないよう気を付けているんです」

 

納得して帰る江里子を呼び止め、走って追いかける久利生。

 

その日の夜。

 

久利生は仕事が残っているのに、明日やると言って帰ろうとする。

 

江里子とご飯を食べに行くという久利生を、「同じ事件を担当するのに」ととがめる雨宮。

 

久利生が行ってしまい、雨宮は通販グッズのベッドで遊んでいる。

 

江里子と久利生が食事をしている。

 

江里子は検事を目指していたが、久利生が検事志望だから弁護士になったのだという。

 

同じ検事だと久利生に勝ったことにならないからと江里子。

 

昔話に花が咲く二人だが、すぐに気まずい空気になってしまう。

 

「病院の先生起訴するつもりでしょ?」と江里子。

 

それに対し久利生は「裁判になっても勝つ自信あるんでしょ?」と返す。

 

昔のようにはいかないよねとつぶやく江里子。

やめた准看護師

被害者である片山の家族に話を聞きに行く久利生と雨宮。

 

片山の妻は話す。

 

救急車で運ばれたのは、夜中の12時近くだった。

 

肋骨が折れておりすぐに手術したほうがいいと言われたという。

 

手術の翌日から容態が悪くなったが、先生たちは「術後の感染症はよくある」と説明してくれなかった。

 

それで警察に相談したのだと話す。

 

片山の妻は、自身の小さな子どもを連れている。

 

いつか父親のことを子どもに話すために、事実を知りたいだけなのだと下を向く。

 

理事長と話すために、田所総合病院へやって来た久利生と雨宮。

 

「世間をお騒がせしまして申し訳ない」と頭を下げる理事長と院長。

 

手術に立ち会った人にすでに話聞いていた久利生。

 

「いつもの手術と変わりない」みんなそういう答えだった。

 

理事長たちからも何も証言を得ることはできなかった。

 

城西支部でメンバーたちが、医療過誤について話している。

 

事件から3ヶ月が経っていた…口裏を合わせるには十分な時間だ。

 

大きなくしゃみをする芝山。

 

子どもに風邪をうつされたのだという。

 

夜中に子どもを病院に連れて行ったら、さんざん待たされたとグチる芝山。

 

「夜中…」美鈴が何かに気づく。

 

久利生の部屋に飛び込んでくる美鈴。

 

事件があった日の救急患者のデータでは、同時刻に手術が2件あった。

 

夜中の忙しい時には准看護師も手伝うのではないかと美鈴。

 

美鈴の予想通り、真山淳子という准看護師が事件の後に病院を辞めていた。

 

病院では、理事長と院長が「すべて打ち合わせ通りにした」と江里子に話している。

 

准看護婦にもすでに手を打ってあると江里子。

話せなかった事実

雨宮と久利生は、真山の母親が営むカフェにやって来た。

 

ひっそりとした店内には、店員も客も誰もいない。

 

奥から出てきた真山の母親は、久利生たちを借金の取り立て屋と勘違いしていた。

 

真山の母親が言うには、真山は店を手伝うと話していたが有名な病院で働けることになった。

 

看護学校の月謝を払ってもらえるとも言っているという。

 

顔を見合わせる久利生と雨宮。

 

二人は、真山本人に会いに彼女が働く病院へやって来た。

 

「検事さんが私に聞きたいことってなんですか?」

 

久利生が検事だと名乗る前に真山は言う。

 

江里子から検事が来ると聞いていたのだろう。

 

田所病院の医療ミスについて、弁護士に口止めされているのかとたずねる久利生。

 

「大きな病院紹介してあげるって言われた?」久利生は続ける。

 

被害者の手術のことをありのままに話すよう説得する久利生。

 

だが、准看護師だから関係ないと歩き去ってしまう。

 

「看護師さん」

 

久利生が呼び止める。

 

自分たちは医療ミスをあばきたくてやってるんじゃない。

 

死なずにすんだ人が死んでしまう…。

 

「こういうことなくしましょうよ」

 

久利生が訴えかける。

 

久利生の言葉に心を動かされた真山が話し始める。

 

あの夜は急患が多くて人手が足りなかったため、自分も手術にかり出された。

 

片山のオペは通常は簡単に終わるものだった。

 

しかし手術中、本間が急にあせり始め自分たちをどなりつけ始めた。

 

結果、2時間で終わる予定が5時間近くかかってしまった。

 

オペの後、先生たちが集まって深刻そうに話していた…と。

青くさいほどまっすぐなままで

牛丸の元へ、本間を起訴すると報告する久利生。

 

心配する牛丸に、信用できる証言があると胸をはる久利生。

 

メンバーたちは、久利生と江里子が何か取引でもしているのではとウワサしている。

 

そこへ、久利生に会いに江里子がやって来た。

 

「カンパーイ」

 

いつものバーで、雨宮を真ん中に久利生と江里子が座っている。

 

雨宮を間にはさみ、久利生と江里子は痴話ゲンカを始める。

 

どんどん酒がすすむ雨宮。

 

酔った雨宮が「本当に無罪だと思って弁護するんですか」と江里子にからむ。

 

当然だと返す江里子。

 

「そういう弁護士がいるから、世の中おかしくなるんだ!」と机に突っぷす雨宮。

 

そんな雨宮を横目に「よくやってるわねこういう事務官と」と江里子。

 

検事を目指していると聞いた江里子は、雨宮を見つめ一言。

 

「いいわね、青くさいほどまっすぐなままで」

 

母親のカフェで、真山が江里子と話している。

 

検事さんの前で全部しゃべって楽になった。

 

もうかまわないでほしいという真山。

 

分かりました、とあっさり帰ろうとする江里子。

 

しかし、帰り際に振り返り言い残す。

 

「お母さん、あの話もう難しいかもしれませんね」

 

田所病院の理事長が、母親の店を援助すると話していたという。

 

考え込む真山。

 

鍋島と牛丸が話している。

 

医療過誤は、世間が注目する裁判になる。

 

証言次第で形勢が変わり、予測がつかないと心配そうな鍋島。

 

夜、段ボールに書類をいっぱい抱えて久利生の部屋へ入ってくる雨宮。

 

急患の記録、半年分すべてに目を通すつもりだ。

 

結局、朝までかかってしまった。

守りたいもの

医療過誤の公判が始まった。

 

真山が証人として出廷している。

 

久利生が証人尋問を始める。

 

片山の手術時どこにいたかを問う久利生。

 

「私は…別の処置室でオペを手伝っていました」

 

真山はこの前とはまったく違う証言を始める。

 

階段から落ちた急患の処置を手伝っていて、片山の手術には立ち会っていないという真山。

 

不敵な笑みを浮かべる江里子。

 

あせった久利生は言葉につまってしまう。

 

久利生は、質問を変える。

 

「病院のストレッチャーって、寝心地いいですか?」

 

無意味な質問で長引かせようとしていると江里子が異議を申し立てる。

 

続けて、片山の前に運ばれた鎌田作次郎という患者にはどこから立ち会ったか聞く久利生。

 

その患者はタクシーで病院まで来たため、玄関から処置室までストレッチャーで運んだと話す真山。

 

これ以上嘘をつくと偽証罪で処罰されるとくぎを刺す久利生。

 

江里子は、「証人を威圧し、検察に有利な証言を得ようとしている!」と異議申し立て。

 

裁判長は、久利生に発言の根拠を説明するよう求める。

 

「鎌田作次郎という患者、まだ生後8ヶ月なんです」と久利生。

 

8ヶ月の赤ちゃんをストレッチャーには乗せないだろうと。

 

「あなたはなにを守りたいのか」と江里子に問う久利生。

 

組織ぐるみで隠そうとした病院にも責任がある。

 

次回の公判に、理事長と院長を証人として呼ぶことが認められた。

 

最後に「被害者の手術に立ち会いましたよね」と真山に確認する久利生。

 

真山はしっかりとうなずき「すみませんでした」と頭を下げる。

 

頭を抱える江里子。

 

公判が終わり、久利生と並んで歩く江里子。

 

「法律スレスレの手を使って勝とうとした…わたし変わっちゃったわね」と江里子。

 

そんな江里子に、依頼人を守るのがお前の仕事だろと久利生は言う。

 

車で送っていくという江里子の誘いを、寝てしまった雨宮を連れて帰るからと断る久利生。

 

「あんたが好きになるのって昔からわたしと逆のタイプだよね」

 

それだけ言い残し、江里子は去っていった。

 

雨宮が座って寝ているベンチの横に座り大あくびの久利生。

 

頭を小突いて雨宮を起こし、一緒に帰る二人。

 

いつものバーで久利生と雨宮が飲んでいる。

 

久利生は、またあくびをしている。

 

「よくあんな質問思いつきましたね」と雨宮。

 

ベッドで資料を見ていたら、被害者は最後どんなベッドで寝てたのかと考えたという久利生。

 

話は江里子のことに。

 

さっぱりしてて大人の女で私と真逆ですよね、と雨宮。

 

「ていうことは、付き合ってたんですか?」

 

思い切って雨宮が聞いてみるも、寝てしまった久利生から答えは聞けなかった。

久利生の過去を知る巽江里子が登場しました。

 

最後まで二人の関係は分からずじまいでしたが、やはり過去に恋人同士だったということでしょうか。

 

江里子は手ごわい相手でしたが、久利生の執念で勝利しました。

 

鎌田作次郎というシブい名前の患者が、赤ちゃんだったとはおどろきましたね。

 

主題歌を歌う宇多田ヒカルさんが、ウェイトレスとして登場しているシーンも注目です!

 

HERO(ドラマ1期)の9話ネタバレと感想を紹介!

城西支部襲撃事件

雨宮が、本を読みながら歩道を歩いている。

 

マンションから石こう像が落ちてくる…しかし、雨宮は気づかない。

 

石こう像は、雨宮のすぐ後ろに落ちてくだけた。

 

城西支部に到着した雨宮は、メンバーたちに石こうのことを話す。

 

だが、それほど心配してもらえない。

 

検事たちは、それぞれ取り調べを行っている。

 

久利生と雨宮は、夫婦ゲンカの聴取。

 

少林寺拳法2級の雨宮が、暴力をふるわれた妻に技を伝授している。

 

「スモーキーピザです」

 

ピザの配達員がやってきた。

 

部屋にいた芝山、江上、雨宮が「誰が頼んだのかな」と言いながらピザのふたを開ける。

 

中にはピザではなく発煙筒が…!

 

爆弾だと大騒ぎで逃げ出す3人。

 

にやりとして舌なめずりをするピザ配達員の男。

 

煙が充満する部屋の中で、男が金属の棒を振り回し暴れる。

 

雨宮のメガネも踏まれてこわれてしまった。

 

部屋から飛び出してきた久利生が、男を追いかけたが逃げられてしまう。

 

事件の後、城西支部にはマスコミが集まってきている。

 

警察もやってきて、事情をきかれるメンバーたち。

 

担当刑事の高梨は「どんなやつでしたか?」とたずねる。

 

犯人が逃げていくときに、カチカチカチと音がしたと久利生。

 

雨宮は、手袋の人差し指の先が緑色に汚れていたのを見ていた。

 

しかし、誰も顔をはっきりとは見ていなかった。

 

久利生は、ロゴ付きのピザの箱を犯人が自分で作ったことを見抜く。

 

そして、「これで終わりだと思うな」という手紙が入っていることにも気づいた。

き然とした態度

鍋島の会見。

 

襲撃事件は、国家の法秩序に対する挑戦だと憤っている。

 

城西支部のメンバーたちは、過去に起訴した中で逆恨みしている者がいないか確認作業をしている。

 

メンバーたちは、書類に目を通し次々リストアップしている。

 

久利生はというと、ピザの箱のデザインを見て考えごとをしている。

 

あるマンションの一室。

 

爆弾を組み立てている手の先に、雨宮の画像がある。

 

雨宮は、大学の時に使っていたメガネをかけて登庁してきた。

 

そこへ、革のスーツを着込みフルフェイスのヘルメットをかぶったままの江上が登場。

 

自分がねらわれていると思っているようだ。

 

足早に中へ入っていく江上。

 

久利生と雨宮が玄関を抜けると、メンバーたち全員が変装した姿でエレベーターを待っていた。

 

「無防備すぎるぞ」と言う牛丸に、けげんな表情の久利生。

 

高梨が支部に来ている。

 

検事たちがリストアップした容疑者は、みんなアリバイがあったという。

 

久利生の聞いたカチカチ音と緑の汚れについては、まだ分からないと高梨。

 

メンバーたちはブーブー文句を言っている。

 

牛丸は、鍋島に電話で「メンバーたちはき然とした態度で仕事に取り組んでいます」と話している。

 

しかし、芝山は出前で頼んだラーメンを遠藤に毒見させている。

 

江上と末次は、自白している被疑者にも遠慮してしまう始末。

 

美鈴は芝山に、外で会うのをひかえようと提案した。

 

一方、久利生はいつも通り通販グッズでトレーニング。

 

雨宮のメガネをからかう久利生。

 

寝顔がかわいかったと言われあせった雨宮は、書類を書き間違えてしまう。

 

修正ペンをふる雨宮。

 

久利生は、修正ペンを奪い取りカチカチとならす。

 

襲撃事件の犯人からもこんな音がしたのだった。

単独行動禁止

牛丸がメンバーたちに、事件解決までは単独行動禁止だと告げている。

 

検事と事務官はペアで帰宅することになった。

 

美鈴が牛丸と帰ると言うので、雨宮は久利生と帰ることに。

 

二人で細い路地を歩いている。

 

ただの通行人にもビクビクしてしまう雨宮。

 

「お前、単独行動禁止な」

 

雨宮が一人で行こうと思っていたメガネ屋に、久利生も一緒について来た。

 

久利生にすすめられたメガネを試すが、しっくりこない様子の雨宮。

 

雨宮は何も買わずに店から出ようとして、カバンに何か入っていることに気づく。

 

包装された箱…中からカチカチと音がしている。

 

「ふざけんな」と久利生が箱を持って走り出す。

 

外に出て「爆発するぞ!」と言って人を遠ざけ、箱を遠くへ投げる。

 

久利生は耳をふさぐが爆発しない。

 

…と思ったら、遅れてドカーンと爆発した。

 

雨宮はぼう然としている。

 

久利生はあやしい男を見てないか店員に確認するが、誰も見ていないようだ。

 

「もしかして、石こう像も…」

 

おびえた表情の雨宮。

 

雨宮は久利生の家に泊めてもらうことにした。

 

久利生の家へ向かうタクシーの中で、雨宮は久利生のジャケットのすそを握っている。

 

久利生は、窓の外に落書きを見つけ、身を乗り出す。

 

家に到着し、雨宮は久利生にパジャマを借りて寝室へむかう。

 

久利生はスプレー缶をふり音を確かめている。

 

「あった」と言って、高梨に電話をかける。

 

襲撃事件で聞いたカチカチという音。

 

これは、顔料が固まらないようスプレー缶に入っている玉による音だった。

 

雨宮が見たという指先の汚れもこれで説明がつく。

 

久利生は高梨に、都内のすべての交番に連絡をとるよう指示する。

 

「眠れないから少しだけ一緒にいてもいいですか?」

 

雨宮が、寝室から出てくる。

 

ソファに並んで座り、酒を飲む二人。

 

少林寺拳法の話になり、雨宮が久利生に技をかけている。

 

しかし襲撃犯の話になると、不安そうな雨宮。

 

「大丈夫だよ、おれがそばにいてやっから」と久利生。

 

雨宮が久利生の肩にもたれかかる。

 

ドキッとする久利生だったが、顔をのぞくと雨宮は寝ていた。

 

持っていたカップを脇に置き、メガネを取ってあげる久利生。

 

毛布もかけてあげている。

 

そこに高梨から電話が。

 

家を出ようとするが、雨宮が久利生のジャケットを握りしめて枕にしている。

 

結局、ジャケットは着ずにやって来た久利生。

 

公衆トイレに、宅配ピザと同じスモーキーの落書きがある。

 

「うちの管轄内には、他にもこの落書きがたくさんありますよ」と警官。

 

寒そうにしている久利生に、高梨がカシミヤのマフラーを貸してくれる。

 

事実に気がついた久利生に、検事にしとくにはもったいないと高梨。

落書き

朝になるまで、雨宮はずっと久利生のジャケットを握りしめて寝ていた。

 

部屋に久利生はいない。

 

おそるおそる玄関を開けると、顔なじみの刑事の大塚が立っていた。

 

大塚は、捜査に行っている久利生に言いつけられ、雨宮の警護をしていたという。

 

そこへ、朝ごはんを買ってきたという久利生が帰ってきた。

 

城西支部。

 

スモーキーの落書きの写真を机に並べる久利生。

 

夕べだけで25か所も見つかった。

 

犯人は落書きが集中するあたりに住んでいるとみて、警察が捜査すると高梨。

 

その後すぐ、スモーキーが捕まったという知らせが飛び込んでくる。

 

捕まったのは、フリーターの市村秋介。

 

夜中に落書きしているところを高校生に見られており、逮捕された。

 

捕まったにもかかわらず、高笑いをしている市村。

 

警察署を出てきた雨宮と久利生。

 

高梨にマフラーを返してなかったことを思い出し、署に戻る久利生。

 

電話が入った雨宮は、先に行くと言って一人歩いて行った。

 

雨宮のうしろを白い服の女がつけている。

 

久利生は、市村が取調室から出てきたところに出くわした。

 

なぜ雨宮をねらったのかと聞く久利生。

 

しかし、雨宮が誰なのか分かっていない様子の市村。

 

城西支部では、ピザを取りかこみ事件解決を祝うメンバーたち。

 

そこへ、久利生から「雨宮から連絡が入っていないか」という電話が入る。

 

電話を取った美鈴がみんなに問いかけるが、ポカンとした様子のメンバーたち。

 

久利生は、メガネ屋にも電話するが定休日でつながらない。

 

「雨宮さん」

 

久利生と一緒に通った路地で、白い服の女に呼び止められる雨宮。

 

久利生は、雨宮の元へと走る。

 

振り返った雨宮は、「お久しぶりです」とあいさつする。

 

白い服の女は、ナイフを持っている。

 

「よく私のこと覚えてたわね、でも殺される理由はどうせ分かんないでしょ」

 

女は、雨宮にナイフをむける。

 

走ってきた久利生が「雨宮!」とさけぶ。

 

久利生の元へ走る雨宮。

 

雨宮がかけていたメガネは地面に落ちている。

 

女は、ナイフを持ったまま二人に向かって走ってくる。

 

久利生は、高梨に借りていたマフラーで応戦しようと両手でひろげるが、マフラーは破れてしまう。

 

久利生と女はつかみ合いになる。

 

「少林寺どうやるんだ」と久利生が雨宮に聞くが、雨宮はオロオロと役に立たない。

 

その間にも、雨宮のメガネが踏まれ壊れていく。

反省してください

雨宮を襲ったのは、遠野かおる。

 

会社の金を横領した罪で美鈴に起訴された。

 

懲役1年、執行猶予3年で現在も執行猶予中だった。

 

城西支部では、美鈴が「なんで恨まれるの?」と頭を抱えている。

 

取調室には、遠野、久利生、雨宮がいる。

 

「反省してくださいって言ったのよ」

 

雨宮を襲った理由を話し始める遠野。

 

検事は、根掘り葉掘りプライベートをさわぎ立て、弁護士を黙らせた。

 

会社はクビになり、結婚も破談になってしまった。

 

そのとき雨宮は、涼しい顔をして「反省してください」と言ったのだと。

 

「あんたたちに人を裁く権利あるの?」と怒りをぶちまける遠野。

 

久利生が語りだす。

 

自分たちは本当によく恨まれる。

 

弁護士が被疑者を守るが、それに対し検事は必死になって証拠をあげる。

 

そうでないと、裁判官が正しい判断できないからだ。

 

真実を知るために手は抜かない。

 

機械が裁いているわけではないのだ。

 

「人間を裁くことができるのは、人間だけじゃないですか」と。

 

続いて、雨宮が遠野に告げる。

 

あなたは殺人未遂の罪で起訴される。

 

執行猶予中の犯行のため、何年か服役することになるでしょう。

 

今の自分をリセットするための時間だと思ってほしいと。

 

そして、最後に「反省してください」とはっきりと言う雨宮。

 

久利生は、うなずき「反省してください」とくり返す。

 

いつものバーで、久利生と雨宮が朝食を食べている。

 

無言で久利生に紙袋を差し出す雨宮。

 

カシミヤのマフラーは高梨に、もうひとつは久利生へのお礼だという。

 

雨宮は、新しいメガネをかけている。

 

「久利生さんが選んだんですよ」という雨宮に、とぼける久利生。

 

久利生は照れかくしなのか、来たばかりなのに帰ろうとする。

 

雨宮は「おれがそばにいてやっから」とつぶやく。

 

ハッとして振り向きせき込む久利生。

今回は、雨宮たちがねらわれる事件とあってハラハラドキドキの展開でしたね。

 

襲撃犯の男に注意が奪われ、雨宮をねらう犯人が女性だとは思いもよりませんでした。

 

雨宮たちの立ち寄ったメガネ屋で、白い服がチラチラと映りこんでいましたが、あれが遠野でしょうか?

 

こまかい演出にも注目したいですね。

 

久利生と雨宮の距離もグッと近づいた回でした。

 

じれったい二人の行く末が気になります。

 

ニュースキャスター襲撃事件

古田晋一の取り調べ。

 

キャスターの榎本由起に襲い掛かり、全治1週間の傷を負わせた罪に問われている。

 

ニュースで粗大ごみの不法投棄を非難されたことに恨みを持っていたことが動機である。

 

「間違いありませんか?」久利生が確認する。

 

ごくりと唾をのむ古田。

 

弁解はないかと雨宮に聞かれても、うつむいて何も答えない。

 

しかし、取り調べが終わったところで古田が小声でつぶやく。

 

「そんなことしてない」

 

ここで、雨宮のひとり語り。

 

「被疑者が証言を変えることはそうめずらしくない。

 

その時はまだ、この事件がいつもと変わりないものだと思っていた…」

 

芝山と遠藤が何やら探しものをしている。

 

そこを、雨宮が走りぬけていく。

 

いつも通り、久利生とのお出かけ捜査だ。

 

テレビ局のスタジオにやって来た久利生と雨宮。

 

襲われた榎本は、犯人が目出し帽をかぶっていたにもかかわらず、すぐに犯人は古田だと証言している。

 

その指摘に対し、「私も報道にたずさわる人間。確信がなければそんな証言しない」と意に介さない。

 

それに、古田には動機があると榎本。

 

しかし、久利生は古田を犯人だと決めつけていることに疑問を感じている。

 

城西支部では、まだ芝山たちが探しもの。

 

なくなったのは、芝山の検察バッジだ。

 

テレビでは、ニュース番組が流れている。

 

榎本が、持ち味の辛らつなコメントを述べている。

 

久利生がギリギリまでねばり出した結論は、「証拠不十分で不起訴」だった。

検察審査会

古田の動機だとされた不法投棄の告発レポートの取材テープを見ている久利生。

 

不起訴になり、古田は釈放されることになった。

 

留置場から出てくとき、古田は担当刑事の矢口に腕をつかまれる。

 

「これで終わったと思うなよ」と古田をにらみつける矢口。

 

雨宮が、メンバーたちとキャスター襲撃事件について話している。

 

そこへ、牛丸が血相を変えて入ってきた。

 

榎本が、不起訴を不服として検察審査会に審査を申し立てたというのだ。

 

検察審査会では、検察の判断が正しかったか第三者の目で確かめられる。

 

矢口たち警察が、榎本に審査会への申し立てのお礼を言っている。

 

不起訴に納得がいかない榎本は、自分でも事件を追い続けると話す。

 

検察審査会の会場。

 

カジュアルな服装の久利生を見て「検事はまだでしょうか」と審査会の出席者。

 

雨宮が久利生を紹介すると「ふさわしい服装があるのでは」と渋い表情をされる。

 

久利生は、不起訴にした理由を順を追って説明する。

 

審査会が終わり、会場から出てきた二人。

 

「服装のこと言われるって言ったでしょ」とあきれ顔の雨宮。

 

すると、突然テレビクルーに囲まれる。

 

「審査員の方たちはどのように受け止めていましたか?」

 

榎本にマイク向けられる久利生。

 

メイク室で榎本が郵便を確認している。

 

そのなかに、脅迫状を見つける。

 

そこには「番組を降板しろ。次はお前の命を狙う」と書かれていた。

 

マスコミに囲まれ取材を受ける榎本。

 

榎本は、カメラに向かって久利生を批判する。

 

検察の判断には納得できなかったが、担当する検事に会ってさらにその思いは強まった。

 

遊びに行くようにかっこうをして友達に話すような態度。

 

若者の味方だとヒーローを気どっている、と。

暴かれた過去

榎本が夜道を歩いていると、男に手を引っぱられ狭い路地に引きづりこまれる。

 

目出し帽をかぶった男の腕には大きな傷あと。

 

そこへ警官がやってきて、男は逃げ出した。

 

芝山は、まだ検察バッジを探している。

 

城西支部にも、榎本が襲われたという情報が入る。

 

さらに悪いことに、古田は姿をくらましているという。

 

古田のアパートには、警察がはりこんでいる。

 

矢口に、脅迫状についていた指紋鑑定の結果が知らされる。

 

便せんには、榎本の他に古田ではない者の指紋が残されていた。

 

古田が犯人ではないのではともう一人の担当刑事の石本。

 

榎本は、古田の左手に大きな傷あとがあるかを矢口たちに確認する。

 

犯人は古田ではないかもしれないと気にする榎本に、暗かったら見間違えたのではないかと矢口。

 

榎本は「このことを公表する」と言い出す。

 

矢口は、勝手な事をされたら困るとそれをとめる。

 

電波を通して何千万の人に犯人は古田だと言ったではないかと。

 

「あんたは何も見なかった。あとは我々に任せる、いいですね?」と念を押す矢口。

 

自宅へ戻った古田は、矢口が玄関前をうろついているところを見て逃げだした。

 

石本は、榎本に口止めしたことを心配している。

 

矢口は、「あと戻りはできない、犯人は古田だ」と取り合わない。

 

さらに、逮捕まで世間の目をよそに向けておく必要があると言う矢口。

 

雨宮が登庁すると、メンバーたちが新聞に目を落としている。

 

何も知らない様子の雨宮に、美鈴が新聞を差し出す。

 

そこには、「担当検事に逮捕歴」という見出しが躍っていた。

 

あきらかに警察によるリークだった。

 

久利生は実際に高校生の時、傷害で逮捕されていた。

 

逮捕されたが不起訴だったため、検事になれたのだという。

 

久利生が牛丸に呼ばれている。

 

そこへ「逮捕歴がなんだっていうんですか!」と乗り込んでいく雨宮。

 

見当違いな雨宮に、顔を見合わせる牛丸と久利生。

 

審査会から不起訴は不当だという議決書がきていた。

 

再捜査は江上に任せるという牛丸。

 

納得のいっていない様子の久利生。

消えた被疑者

部屋にいる久利生に電話がかかってくる。

 

電話は古田からだった。

 

古田は「検事さん、おれやってないよ」と必死な様子。

 

2回目の事件の時は、母親の墓参りに行っていたと話す古田。

 

帰ってきたら自宅に警察がいて、おどろいて逃げた。

 

墓は函館にあり、飛行機のチケットの半券も持っているという。

 

パトカーのサイレンがなり響き、ガチャンと電話を切る古田。

 

久利生は外へ飛び出した。

 

外に出るとすぐに、マスコミに囲まれる久利生と雨宮。

 

「逮捕歴あると犯人に甘くなるんじゃないですか?」

 

無遠慮な質問が飛んでくる。

 

久利生は、一人の記者につめ寄る。

 

記者がおじけづいたすきに記者をふり切って走る二人。

 

テレビでは、「担当検事に逮捕歴」のニュースが流れる。

 

テレビを見ている芝山、美鈴、遠藤。

 

「バッチをなくす方がマシよね、外さなきゃいけなくなるより」と美鈴。

 

牛丸が、鍋島に今回の件をわびている。

 

高等検察庁で、久利生のことが問題になっているという。

 

久利生は、何らかの処分を下されるかもしれない。

 

久利生と雨宮が向かった古田の自宅には、江上と末次が先に来ていた。

 

「自分の目で確かめないと気が済まないんだろ」と江上。

 

そこへ矢口がやって来た。

 

矢口は久利生にケンカを売ってくる。

 

久利生も負けじと言い返す。

 

そんな矢口に電話が入る。

 

古田が自殺した。

 

ビルから飛び降りて即死だったという。

 

久利生は、自殺の現場に来ている。

 

古田の遺体がストレッチャーに乗せられ運ばれていく。

 

「たかが傷害事件で死ぬことはねえのに」と亡くなってもなお、ののしり続ける矢口。

 

久利生は古田の所持品を確認するが、古田の話していた飛行機の半券が見つからない。

 

ニュースでは、古田の自殺を伝えている。

 

テレビに映る榎本は、一瞬言葉を失い動揺している。

理想の検事

「上はかなり熱くなってきている」と牛丸に伝える鍋島。

 

久利生が傷害事件を起こしたことを知っていたのかとたずねる牛丸に、鍋島が語り始める。

 

鍋島の同期に沼田という検事がいた。

 

ある時、沼田は17歳の少年を取り調べたことがあった。

 

目撃者の証言から、あきらかにその少年は友人をかばって相手を傷つけた。

 

しかも、正当防衛の可能性もあった。

 

しかし、少年は拘留期限の20日間ずっと黙秘していたという。

 

結果、沼田は少年を不起訴にした。

 

「その少年が…」と息をのむ牛丸。

 

「厳しさの中にもどこか温かさのある男でした」と鍋島はしめくくる。

 

久利生と雨宮が、いつものバーにいる。

 

二人は古田のことを話している。

 

古田は、取り調べの時震えていた。

 

警察でよっぽどしつこく取り調べられたのだろう。

 

やってもないことをやったと言って楽になりたくなるんだと久利生。

 

「経験者は語るってやつですけどね」

 

久利生は、自分が逮捕された時の話を始める。

 

「おっかねえ顔で、どこで買ったのか分からないヨレヨレのジャケット着ててさ」

 

黙秘していたが、担当検事の沼田が時間をかけて証拠を集めてくれたのだという。

 

「変なオヤジだったわ」と笑う久利生に、「久利生さんの理想の検事」と雨宮。

 

車中で、矢口に犯人が別にいることを公表したいと話す榎本。

 

しかし矢口は「今まで黙ってたことを世間から非難されますよ」と冷たく言う。

 

そして、しばらく番組を降板するよう提案する。

 

それだけショック受けたんだと同情してもらえて、被害者でいられるだろうと矢口。

 

久利生がいなくなった。

 

古田のことで責任を感じていたのではないかと心配するメンバーたち。

 

雨宮がいてもたってもいられず出ていこうとする。

 

美鈴が、雨宮のジャケットを投げてよこし笑顔でうなづく。

 

うなづき返す雨宮。

 

雨宮は自殺現場や古田の自宅などを探し回るが、久利生は見つからない。

 

いつものバーにも久利生はいなかった。

 

そんな雨宮に久利生から電話が…。

 

「早まっちゃダメ!」とさけぶ雨宮に、「今から来てくれ」と何でもない様子の久利生。

 

久利生と合流した雨宮は、怒りをぶつける。

 

「いったいどこに行ってたんですか!」

 

久利生につかみかかる雨宮。

 

それでも冷静な久利生は、榎本が番組を降板したことを雨宮に伝える。

 

確かめたいことがあると、二人で榎本のマンションにやって来た。

 

最初におそわれた場所に一緒に来てほしいと榎本を連れ出す久利生。

 

どうやって襲われたのかを久利生が雨宮を使って実演している。

 

ため息をついた榎本がふと丘の上に目をやると、目出し帽の男がそこに…!

 

恐怖の表情を浮かべる榎本。

 

目出し帽の男は、榎本へ近づいていく。

 

久利生は、雨宮をはがい絞めにしたまま助けに行こうとしない。

 

「もういいでしょ」と榎本が悲鳴をあげる。

 

久利生の制止をふり切った雨宮が、走って行き目出し帽の男に技をかける。

 

帽子をはぎ取ると、なんとそこには江上の顔が。

何が何だか分からないという様子の榎本に、久利生が声をかける。

 

「もういいでしょって何ですか」

 

犯人が古田なら、襲われる心配はしなくていいだろうと。

 

「隠してること、真実を話してください」

秋霜烈日

矢口が、江上を訪ねて城西支部へやって来た。

 

江上に来るよう言われたという。

 

そこへやって来た久利生が矢口に、警察の人は柔道や剣道をやっているのかと問いかける。

 

江上は暴行犯に間違えられて雨宮に投げられたのだと話す。

 

何言ってるのかという矢口に、久利生が言う。

 

榎本は犯人が生きてると思っていた。

 

そして、古田が自殺する前に連絡してきたことを話す。

 

函館まで行って、墓参りの証人も見つけてきていた。

 

それでは、古田が言っていた飛行機の半券はどこへ消えたのか。

 

久利生は続ける。

 

矢口も古田が犯人ではないことが、自殺する前から分かっていたのではないかと。

 

「榎本がすべてしゃべった」と江上が榎本と部屋から出てくる。

 

犯人ではないことを知ったうえで、古田を追いつめただろうと久利生。

 

芝山は、ふと目をやったイスの隙間にバッチを見つける。

 

矢口は、事件は終わったと言い放つ。

 

そして、被疑者が死んだ事件を今さら蒸し返してどうするんだよとまで言いのける。

 

「あんたが殺したようなもんだろ!」

 

感情をあらわにし矢口にをつかみかかる久利生。

 

メンバーたちにとめられるが、久利生の怒りはおさまらない。

 

検察、警察、マスコミという仕事は、人の命を簡単に奪える。

 

保身の気持ちで気をゆるめると簡単に人を殺せるんだと。

 

「俺らがそれを忘れてはいけないんじゃないですか」と目に涙を浮かべた久利生。

 

誰だって最初はそうだった、そんなものただの理想だと矢口。

 

「理想を持って仕事しちゃいけないんですか」と雨宮。

 

そして「検事のバッジの意味をごぞんじですか?」と牛丸が静かに言う。

 

バッジを見つけたばかりの芝山が、言葉を引きとる。

 

「秋霜烈日」

 

秋に降りる冷たい霜と夏の暑い日差し。

 

権力を持たされた我々に人を罰する仕事の厳しさを教えている。

 

いわば検事の理想のあり方なのだ。

 

われわれは、理想を胸に検事をやっていると芝山。

 

バッチを胸にメンバー全員が、矢口にまっすぐ鋭い視線を送る。

 

警察に再捜査を強く求めると牛丸。

 

あらためて被疑者、古田を不起訴処分にしますと久利生。

 

うなづく矢口。

 

支部から出てきた雨宮と久利生。

 

鍋島が支部の前に停まった車から降りてくる。

 

誰なのか分かっていない久利生に、自己紹介をする鍋島。

 

「あの、俺って結構迷惑かけてます?」と聞く久利生に「いいえ、まったく」と笑顔の鍋島。

 

歩いていく二人を見つめる鍋島。

 

いなくなった久利生を心配して取り乱していた雨宮を、からかっている久利生。

 

ここで、再び雨宮のひとり語り。

 

「その時はまだ気づいていなかった。

 

この事件が本当の意味で終わってはいなかったことを…」

物語もクライマックスに差しかかりました。

 

被疑者が自殺するという衝撃の展開で、いつもとは違う重い雰囲気がただよっていましたね。

 

そして、今まで明かされなかった久利生の過去があきらかになりました。

 

いつものしつこいくらいの捜査は、あこがれの検事の影響なのですね。

 

「まだ事件は終わっていない」という雨宮の語りで締めくくられた今回。

 

どのような結末が待っているのでしょうか?

 

警備員殺し

ジリジリと照りつける日差し。

 

その中をノースリーブのワンピース姿で歩く雨宮。

 

城西支部では、メンバーたちが暑そうに仕事をしている。

 

そこに久利生の姿はなく、新しい検事がいる。

 

美鈴は、雨宮を呼ぼうとしてバカンスだったことを思い出す。

 

メンバーたちは、久利生の思い出話を始める。

 

「今ごろ何やってんだか、あのバカ」

 

場面は変わり、久利生の処分について地検の上層部と話す牛丸と鍋島。

 

処分の撤回を求める二人。

 

しかし、久利生の処分は決まってしまった。

 

そのころ、城西支部では花見の話し合いが行われていた。

 

副幹事を指名できるからと、江上が幹事に立候補。

 

もちろん雨宮を副幹事に指名する。

 

サッカースタジアムに来ている久利生と雨宮。

 

日本代表のサッカーの試合が行われた日に、ある事件が起こった。

 

「ワールドカップといったらカメルーンだろ」と久利生。

 

久利生は、雨宮がカメルーンの選手を11人全員言えたら試合に連れて行くと約束する。

 

事件の被疑者はタケマ建設の総務部長、桐山茂。

 

警備員の咲坂勇次をナイフで刺殺し逃走。

 

その後、巡回中の警察に逮捕された。

 

咲坂の同僚の警備員に聞き込みをしている久利生たち。

 

刺されたところを誰も見ておらず、見つけたときにはもう手遅れだったという。

 

サポーターたちの騒ぎがあり、警備員はそちらに集まっていた。

 

なまけ者だった咲坂はそちらには来なかったと警備員たちは話す。

 

聞き込みをしている久利生たちを、サッカーボールを持った咲坂の息子の良太が見ている。

 

グラウンドに入れてもらう約束を父親としていたそうだ。

 

警備員たちは相手にしなかったが、久利生が話を聞きに行く。

 

久利生を刑事だと思ってるようだ。

 

「父ちゃんを殺した犯人は誰なんだ」と良太。

 

雨宮が、優しく話しかける。

 

「子どもあつかいするな!」と雨宮の胸を触って走って行った。

 

怒る雨宮。

 

牛丸に呼ばれた久利生。

 

イチゴを二人並んで食べている。

 

食べながら牛丸が切り出す。

 

「転勤の内示が出ている…石垣支部へ10日後だ」

 

マスコミにバッシングされたら、上層部はケジメをつけないといけないのだと牛丸は話す。

 

仕事を誰かに引き継がせるという牛丸に、すべて終わらせると久利生。

 

くやしそうな牛丸に対し、久利生は平然としているように見える。

 

久利生が桐山の取り調べ。

 

持っていたナイフで咲坂を刺したという桐山。

 

最初から刺すつもりだったのかと久利生が聞くが、桐山は完全黙秘だ。

特捜の介入

東京地検特捜部の庄野怜治と城島和生が、牛丸をたずねて城西支部へやって来た。

 

特捜といえば、検察の中でも大規模事件をあつかう花形だ。

 

城島が芝山に気づき「久しぶり」と声をかける。

 

二人は大学の同級生だったのだ。

 

久利生の担当する警備員殺しを調べに来たと牛丸に話す庄野。

 

しかし、理由は決して話そうとしない。

 

芝山と城島が二人で話している。

 

そばで二人の話を聞いているメンバーたちは、城島の自慢話にイラついている。

 

桐山の身柄を特捜であずかると知った久利生は、特捜の二人に突っかかる。

 

「石垣支部でも元気でやれよ」と庄野。

 

横で雨宮がおどろきの表情を浮かべる。

 

特捜は、桐山の取り調べを芝山の部屋ですると言い出した。

 

城西支部のロビーで久利生を問いつめる雨宮。

 

久利生は、10日後に石垣支部へ転勤することを伝える。

 

「仕事しようぜ、時間ねえんだよ」

 

興奮した様子の雨宮に対し、冷静な久利生。

 

すると、入り口から「離せ!」と子どもの声が聞こえてくる。

 

そこには、警備員にとめられている良太が。

 

特捜が、桐山の取り調べを始めた。

 

「まずは、カネの流れから聞こうか」と城島。

 

良太は、家出してきたようだ。

 

ここでもナマイキな態度はあいかわらずの良太。

 

メンバーたちを次々怒らせている。

 

最後は、全員を怒らせて大騒ぎになっている。

 

良太の家族に電話をしていた雨宮が久利生に伝える。

 

「良太の母親は3年前に亡くなっている」と…。

 

そこへ、段ボールを抱えた特捜部員が大勢やって来た。

 

美鈴の部屋を荷物置き場にするという。

 

久利生と雨宮は、部屋から出るなと良太に言い残し出ていく。

 

咲坂が働いていた工場やパチンコ店で、聞き込みをする二人。

 

やはり、なまけ者でいい加減だったという話ばかり聞こえてくる。

 

どこの職場も長くは続かなかったようだ。

 

部屋を使えない芝山と美鈴は、久利生の部屋で仕事しようと入っていく。

 

しかし、良太に不倫を見破られそそくさと部屋を出ていく二人。

 

芝山たちは結局、江上の部屋でギュウギュウになって仕事をしている。

 

良太の悪口がとまらないメンバーたち。

 

「追い出してやる!」と美鈴が鼻息あらく久利生の部屋へ。

 

久利生のベッドで眠っている良太の目からは、涙があふれていた…。

 

それを聞いたメンバーたちは、しんみりしてしまう。

 

聞き込みから帰ってきた雨宮を、江上が花見の下見に誘う。

 

日焼けすると顔が赤くなって痛いからと、あっさり断られている。

 

久利生は特捜に対し、桐山の取り調べの続きをさせろと要求。

 

桐山は、特捜でも黙秘していたようだ。

 

久利生が、取り調べを再開した。

 

桐山と咲坂の接点が見えてこない。

 

他の誰かをねらっていたのだとすると、当の本人が名乗り出るはずだと考え込む。

 

いつものバーに良太を連れてきた久利生と雨宮。

 

一緒に住んでいる叔父のところに帰りたくないのかと雨宮が問いかける。

 

「誰かお父さんを悪く言う人がいるの?」と雨宮。

 

首をふり、父親は実際にいいかげんだったと話す良太。

 

「どうして父ちゃん殺されたんだよ」と良太が久利生にたずねる。

検事たちの協力

メンバーたちが談笑する中、牛丸の部屋へ直行する雨宮。

 

「久利生さんに時間をください」と訴える。

 

久利生は、咲坂が誰かの巻きぞえになったと考えている。

 

しかし、取り調べても黙秘されているのだと。

 

処分を撤回してほしいと必死に願い出る雨宮。

 

その様子を立ち聞きしているメンバーたち。

 

転勤は正式な手続き踏んで決まった人事なのだと、牛丸は雨宮に言い聞かせる。

 

「どうしようもないんだ」と悔しそうな牛丸。

 

メンバーたちが、久利生の処分について話している。

 

「久利生さんの最後の仕事ですよ」と末次が立ち上がり一言。

 

メンバーたちは、何かを決心した顔をしている。

 

良太を叔父の家に連れて行く久利生。

 

帰り際、良太の叔父が久利生を引きとめる。

 

葬式に500万円の香典を持ってきた人がいたそうだ。

 

香典袋に名前もなく、気味が悪いのだと話す。

 

芝山が城島と飲んでいる。

 

そして桐山を調べている理由が、民自党の幹部議員に関係していることを城島から聞き出した。

 

美鈴は、遠藤が連れてきたタケマ建設の社員と合コン。

 

江上と末次はというと、捜査資料を見るため部屋のカギを開けようと奮闘している。

 

いつものバーに鍋島が。

 

あとから久利生が入ってくる。

 

久利生の処分について、自分の力不足をわびる鍋島。

 

「どこにいても検事は検事ですから、同じことやるだけです」と飄々とした久利生。

 

そして、一緒にひれ酒を飲む二人。

 

翌朝、登庁してきたメンバーたちはそれぞれがつかんだ情報を話す。

 

芝山は、民自党の代議士を調べている。

 

美鈴たちは夜中3時まで4組の社員と合コンしたが、誰一人桐山を知らなかったという。

 

江上と末次は、支部のイスで寝ている。

 

徹夜でカギを開けようとしたが、失敗に終わったのだった。

 

特捜も城西支部へやって来た。

 

久利生たちは、メンバーたちの情報から思考を巡らせる。

 

総務部長なのに桐山のことを誰も知らない。

 

それは、人に知られたらいけない仕事をしていたからではないか。

 

民自党の代議士で建設関係に強いのは、三枝輝一郎という議員だ。

 

次の総理大臣候補とも目されている。

 

タケマ建設は三枝にカネを渡し何か恩恵を受けていたのではないだろうか。

 

その桐山が窓口だとする。

 

その場合、三枝がタケマ建設との関係を切ったら、責任は桐山が負うことになる…。

 

そして、桐山が殺そうとしていたのは三枝ではないかという結論に達する。

 

芝山は、確かめると言って部屋を出ていく。

 

城島に向かって「お前たちのターゲットは三枝輝一郎か?」と単刀直入にたずねる芝山。

 

城島はウソをつくときに、まばたきが多くなるのだという。

 

パチパチパチとまばたきが止まらない城島。

人間の話

咲坂は、たまたま事件に巻き込まれたのだ。

 

そのことを明らかにするためには、三枝がスタジアムにいたことを証明しなければならない。

 

事件当時、スタジアムには4万人もの人がいた。

 

VIPルームに聞き込みに行くが、記録には何も残っていなかった。

 

スタジアムの前にある喫茶店に話を聞きに行く二人。

 

久利生の読み通り、コーヒーとサンドイッチをVIPルームに届けていた。

 

男性が2人いたと話す店主。

 

店主に、三枝の写真が載っている雑誌で確認する。

 

しかし、指をさしたのは三枝ではなく隣のページの諸星敬介だった。

 

久利生と雨宮は、諸星に会いにホテルのスイートルームへやって来た。

 

諸星は、民自党の若手議員だ。

 

国会が忙しい時期には、スイートルームを事務所に使っているという。

 

予算委員会に出ている諸星に代わり、秘書の女性が久利生たちの対応をする。

 

事件の日、諸星がスタジアムに行っていないかとたずねる久利生。

 

秘書は何も話そうとはしない。

 

そこへ、江上から電話が。

 

500万円の香典を持ってきた人の人相が分かったという江上。

 

「細面でセミロングぐらい…」と、諸星の秘書の特徴を次々あげていく。

 

「今、目の前にいる」と久利生は電話を切る。

 

そこへ、諸星が部屋へ入ってきた。

 

香典は、自分が持たせたのだと言う諸星。

 

事件の日、スタジアムにいたかと久利生がたずねる。

 

諸星が話し始める。

 

試合が終わって外に出たら、ナイフを持った男が駆けよってきた。

 

たまたま近くにいた警備員が取り押さえようとして刺されてしまった。

 

そのあと、秘書たちが自分を車に押し込めた。

 

咲坂が亡くなったことはあとから知ったという。

 

今の話を法廷でするようにうながす久利生。

 

しかし、VIPルームで誰と一緒にいたかを詮索されると困るという諸星。

 

日本をダメにしている権力者たちを引きづり下ろすチャンスなのだと。

 

諸星は続ける。

 

遺族のためには、なんでもする。

 

今は、この国の将来のこと考えなければいけないと。

 

「先生ってニューリーダーって言われてるけど、全然ニューじゃないっすよ」と久利生。

 

殺された咲坂の息子は、父親が殺された理由を知りたがっている。

 

息子は、理由もなく殺されたなんて納得できないだろう。

 

諸星のやるべきことは、香典を持って行かせることではない。

 

父親のことを話してやり、申し訳ないと頭を下げることではないのかと。

 

「こんなことも分かってないのに、国の将来語ってんじゃねえよ」

 

捨てゼリフを吐き、立ち去る久利生。

 

非常識な検事だという秘書に対し、かつての自分を見ているようだと諸星は語りだす。

 

自分は政治の話、久利生は人間の話をしていた。

 

もう少しで自分は三枝のようになるところだった。

 

それから唐突に、秘書に何の資格を持っているか聞く諸星。

 

秘書はたくさんの資格を持っていた。

 

それなら将来困らないだろうと安心した様子の諸星が前を向く。

 

「俺は勝負に出る」

ヒーロー

黙秘する桐山に、特捜の取り調べが一層厳しくなっている。

 

城島に上司から「テレビをつけろ!」と怒りの電話がかかってきた。

 

テレビでは、諸星が三枝の自宅収賄を告発したとのニュース。

 

おどろきの表情を浮かべる城島と庄野、そして桐山も。

 

特捜が追ってたのはこれだったんだと、テレビを見ているメンバーたち。

 

久利生は満足そうだ。

 

テレビの向こうの諸星が、記者の質問に応じている。

 

決断した最大の理由を聞かれ、「ある若い検事にたきつけられた」と諸星。

 

久利生は何も関係がないふりをよそおう。

 

久利生は、再び桐山の取り調べ。

 

諸星が告発の情報提供者と会うためVIPルームを使用することを、桐山は知っていた。

 

諸星を殺そうと襲ったとき、咲坂がしがみついてきたのだと。

 

桐山はとうとう自供した。

 

鍋島と牛丸が外を歩いている。

 

話題は、いつも久利生のことだ。

 

さみしくなるのではという鍋島に、どこでも同じようにやるだろうと牛丸。

 

「それが、久利生公平ですから」

 

ハハハと笑う二人。

 

事件のあったスタジアムに城西支部のメンバーが集合している。

 

花見の代わりに、メンバーたちがスタジアムを貸し切ったのだ。

 

そこへ、車で諸星がやって来た。

 

秘書に入り口で待つよう指示し、グラウンドへと入っていく。

 

そこには、良太とサッカーをしている久利生、遠藤、末次。

 

良太がゴール決めたところへ、諸星が近づいていく。

 

諸星は、良太の前にかがんで腕を優しくにぎる。

 

「おじちゃんね、君のお父さんに助けてもらったんだ」諸星が切り出す。

 

良太に謝るべきなのに、ずっとだまっていた。

 

「すごくズルいやつだった、ごめんな」と頭を下げる

 

何も答えない良太。

 

久利生に促され、良太は「許す!」と一言。

 

良太は、久利生がヒーローだと感謝の言葉を口にする。

 

「将来の総理大臣を守ったお前の親父がヒーローだよ」と久利生。

最後の日

朝、城西支部のメンバーたちが登庁してくる。

 

今日は久利生の送別会だ。

 

しかし、久利生の部屋はすでに空っぽになっていた。

 

それを見た雨宮が、外へ飛び出していく。

 

一方、いつものバーで定食を食べ終わった久利生。

 

「おいしかった、ありがとう」と、久利生がマスターに手を差し出す。

 

固く握手する二人。

 

テレビでは、いつも通り通販番組が流れている。

 

今回の商品は、紫外線100%カットのサングラス。

 

それを見てくやしそうな久利生。

 

マスターは「あるよ」とサングラスを取り出す。

 

さらにオマケの日焼け止めまで持っていた。

 

場面は戻り、城西支部から飛び出してきた雨宮。

 

走りながら、久利生の言っていた大切なことを思い出している。

 

荷物を抱えた久利生を見つけた雨宮。

 

「最後ぐらいちゃんとしてください」

 

雨宮は今にも泣きだしそうな表情を浮かべている。

 

カメルーンの選手を11人言えたらワールドカップに連れて行ってくれる約束をしたのにと雨宮。

 

雨宮は、カメルーンの選手の名前を一人ずつ言っていく。

 

雨宮に近づいてくる久利生。

 

涙をこぼしながらも「全部言えた」と笑顔の雨宮。

 

久利生は、カバンから紙袋を取り出し何も言わずに雨宮に差し出す。

 

雨宮の後ろにふと目をやると、そこにはメンバー全員が。

 

笑顔で立つみんなの間を通って、久利生は歩いていく。

 

場面は、冒頭のシーンへ。

 

雨宮がワンピース姿で歩いて行った先では、久利生が干物ドロボーの調査中だ。

 

雨宮に気づいた久利生が「お前そんなカッコしたら赤くなって痛くなるぞ」と呼びかける。

 

雨宮は、久利生にもらった紙袋から日焼け止めを取り出す。

 

少しずつ近づいていく二人。

 

石垣ナメんなよと被っていた麦わら帽子を雨宮にかぶせる久利生。

 

そしていつもの調子で久利生は言う。

 

「メガネ外せよ、こんなとこ来たら」

 

そこにあるのは、いつもと変わらない二人の姿だった。

型破りな検察のヒーロー、久利生公平。

 

最後まで、被害者の味方になるという信念をつらぬく姿が胸を打ちました。

 

バラバラだった城西支部が一つになるというところも感動的でしたね。

 

雨宮が久利生に会いに石垣を訪れるシーン。

 

気持ちを伝え合う場面があるわけではないですが、二人が相手を想う気持ちが伝わってきました。

 

笑いあり涙ありのお仕事系ヒューマンドラマでした。

 

FODプレミアムに登録することで、人気の高いフジテレビのドラマ作品が今すぐ楽しめるんです。

この続きはドラマで楽しんじゃいましょう!

▼今すぐ2週間完全無料で▼
FODプレミアムに登録する
今すぐ2週間無料でFODプレミアムに登録

違法サイト以外で無料で動画作品を楽しむ方法は?

無料動画サイトでドラマ作品を視聴するのは違法です。

違法にアップロードされた動画を見るのは、色んなリスクがあるんです!

注意

  • 全話を見られるワケではない
  • パソコンやスマホがウィルスに感染する可能性も
  • 低画質
  • 低音質

以前は当サイトでも無料視聴サイトのリンクを紹介していました。

しかし、2018年10月に報道されたニュースによると、リンクを貼るだけで処罰の可能性も出てきたのです。

 

FODを始めとした、動画配信サービスなら安全確実に視聴ができるってワケですね!

FODプレミアムは、月額888円(税抜)の有料サービスになりますが、Amazonアカウントからの登録で2週間無料になるキャンペーンを展開しています。

 

Amazonアカウントがあれば登録は1分で完了するんです♪

 

 

2週間ずっと好きな映画やドラマが見放題で、無料期間内の解約なら、料金は一切発生しません!

 

 

FODプレミアム公式で今すぐ動画を見る

 

\無料お試し期間だけなら0円/
初回2週間無料お試しで申し込む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です