赤阪友昭(写真家)の経歴や有名作品は?虐待理由(原因)や妻と子供(家族)の画像も!

スポンサーリンク

毎日色んな事故や事件の報道がありますが、

今回は子供の虐待に関するニュースです。

 

写真家として名を馳せる赤阪智昭さん

乳児への虐待の疑いで逮捕されたというものです。

 

今回、赤阪さんがどんな方なのか、

そして子供への虐待についても

調査してみました。

スポンサーリンク

赤阪友昭のプロフィール

akasakatomoaki-01

 

赤阪友昭 プロフィール

生年月日:1963年/月/日(54歳)

血液型:/型

身長:/cm

体重:/キロ

出身地:大阪府

出身高校:/高校

出身大学:/大学 学部 学科

所属事務所・グループ:/

住所:大阪市福島区鷺洲2

 

プロフィールについて現在不明な点が多いため、

判明次第また追記していきます。

スポンサーリンク

赤阪友昭(写真家)の経歴は?

赤阪容疑者について調べてみたところ、

赤阪容疑者自身のHPに経歴がありましたので

紹介いたします。

 

1996年、モンゴルでの遊牧生活及びアラスカ先住民の村での暮らしから撮影をはじめる。雑誌『Coyote』等に写真と文を掲載し、プラネタリウムの番組制作や国立民族学博物館での特別企画写真展、国際文化交流イベントなどの総合プロデュースなど活動は多岐にわたる。また、2008年には三年をかけて故・星野道夫のためのアラスカにトーテムポールを立てた『星野道夫トーテムポールプロジェクト』を共同プロデュース。現在は、日本各地を訪れ、山や森の残された原初の信仰、縄文文化や祭祀を撮影・取材している。2009年から写真ギャラリー photo gallery Sai (大阪)を主宰。近著に『The Myth – 神話の風景から – 』がある。

(Akasaka Tomoaki Photographyより)

 

 

米国国際会計事務所や、国内法律事務所といった

場所への勤務を経験した後、写真家になったそうです。

 

仕事柄、世界中を回って色んな景色を

ファインダーへと収めてきた方のようですね。

 

海外での暮らしが長い様子ですが、

近年には写真だけでなく日本で色んな作品を作ったり

活動の幅を広げている芸術家の一人になります。

スポンサーリンク

赤阪友昭(写真家)の有名作品は?

赤阪容疑者について調べてみると

特に出て来やすいのが「アラスカのトーテムポール」。

 

tohtem-01

 

ロシアのカムチャッカ半島でヒグマに襲われて

亡くなった星野道夫さんのためのトーテムポールの

作成を共同プロデュースしたそうです。

 

他にも赤阪容疑者は写真集も

出版しているようですね。

COYOTE No.59 星野道夫の遥かなる旅 【本】

赤阪友昭(写真家)の虐待した理由や原因とは?

生後2ヶ月頃の赤ちゃんは一日で

14〜20時間程度の睡眠を取り、

段々とその睡眠時間にも

リズムが出てくるのが特徴です。

 

そういった所から体内時計の

成人とのズレから、夜泣き等に対する

ストレスが溜まる事のが育児あるあるです。

 

sippai-01

 

赤阪容疑者もそういった所から

子供に対してウンザリしてしまった

可能性は十分にあると思われます。

スポンサーリンク

赤阪友昭(写真家)の妻と子供の画像はある?

調査してみた所、赤阪容疑者の家族の

顔画像は判明していません。

 

どうやら家族構成は妻(44歳)に加えて

娘(4歳)、息子(2ヶ月)がいるそうです。

 

事件は去年の11月に発生して

今回の逮捕。

 

虐待被害に遭ったと思われる息子さんは

現在1歳1ヶ月になっているとのこと。

 

被虐待児症候群などのケースの場合、

発覚から事件として表面化するのに

時間がかかる事もあるため、

虐待に関する証拠などが揃ってなかったのかもしれません。

スポンサーリンク

揺さぶられっ子症候群とは?

「揺さぶられ(っ子)症候群」という

虐待を受ける環境にいる子供に

よく見られる特徴があるので紹介したします。

 

yusaburare-01

ある程度に体が成長した児童では、多少揺すられた程度では、反射的に体をこわばらせるため、そう簡単に怪我をすることはないが、同じことを首が据わっておらず頭蓋骨も隙間の多い新生児で行うと、眼底出血や頭蓋内出血(クモ膜下出血など)・脳挫傷を伴う致命的な怪我を負わせかねない。また身体の組織が成長途上で柔らかく力も弱い幼児でも、過度に揺すられると、程度の差こそあれ問題となる場合もあるとみなされる。

揺さぶられっ子症候群では、脳や神経に対して回復不能なダメージがあった場合、運動機能的な障害や発達障害、あるいは最悪の場合では死に至る危険性があることも示されており、こと新生児や乳幼児に対する扱いに注意が呼びかけられている。

(Wikipediaより抜粋)

 

基本的にこの揺さぶられ症候群は

子供の日常生活や常識的なあやし方で

起こる事はありません。

 

豪快に振り回したりすると脳が頭蓋骨に

当たって傷つく「脳挫傷(のうざしょう)」に

なり、非常に危険です。

yusaburare-01

スポンサーリンク

被虐待児症候群とは

多くの方には聞き慣れない言葉だと思いますが、

被虐待児症候群という言葉があります。

 

被虐待児症候群というのは、

医師の元へと来た親子に対してあるいくつかの

条件が当てはまった時の状態を指します。

 

その条件というのが以下になります。

  • 被虐児はどの年齢でも生じ得るが、一般的に3歳以下であることが多い。
  • 被虐児の臨床的状態をもたらしたのは、たった一回のエピソードによる例もあるが、多くの場合子どもの健康状態は平均以下であり、皮膚の不潔さ、複数の軟部組織(筋など)の損傷、栄養不足など、ネグレクトの証拠を示す。
  • 臨床所見と親が語った状況との間に、しばしば矛盾が見られる。
  • 硬膜下血腫は非常にしばしばみられる。
  • 様々な回復段階にある多数の骨折が見られる。

(Wikipediaより抜粋)

 

今回の場合、上に挙げた条件のうちの

  • 3歳以下の児
  • 診察診断の結果(臨床所見)と親の意見の矛盾
  • 硬膜下血腫の発症

の3項目が当てはまっています。

 

もちろん全てに当てはまらないから大丈夫、

というわけではありません。

 

こういう状態はその後の子供の状態を

考えると怖い話なのですが、

病院などで発覚するまでには

なかなか表沙汰になりにくい所もまた、

怖い所の一つであると言えます。

スポンサーリンク

まとめ

赤阪友昭さんの虐待報道についての調査でした。

 

現在のところは本人は子供に対しての

虐待について否定をしています。

 

しかし、子供の容態がすでに

取り返しのつかない事になっているような

感じなので、これは立派な虐待として

成立していると言えるのかもしれません。

 

今回は、

●赤阪友昭のプロフィール
●赤阪友昭(写真家)の経歴は?
●赤阪友昭(写真家)の有名作品は?
●赤阪友昭(写真家)の虐待した理由や原因とは?
●赤阪友昭(写真家)の妻と子供の画像はある?
●被虐待児症候群とは?
●まとめ

以上の内容でお送りしました。

お子さんに笑顔の戻る日が一日でも早く

来てほしいと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です