会田誠(美術家)は凄い経歴で本名が違う!?両親や結婚した妻(嫁)と息子の顔画像も!作風の評判がヤバい!?

aidamakoto-01

今の時代、日本に生きている女性達にとって

「暮らしやすさ」というのは間違いなく

良くなっています。

 

セクシャルハラスメントなどの声が

その代表例ですね。

 

90年代は男性女性に裸を露出して

反応を面白がる事は実はよくありました。

 

当然今はそんな事したらソッコーで

特定されて警察のお世話になるのがオチ。

 

特にセクハラは色んな個人の思いや

境遇などもあるので簡単に割り切れない

一面もあります。

 

そんな中、また一人セクハラを訴える

女性の報道が入りました。

 

現代美術家として特徴的なその作風

有名な会田誠さんの公演である女性が

セクハラの裁判を起こしたというものです。

 

その裁判に対して色んな意見が

飛び交っています。

 

さて、その裁判を起こされている

会田誠さんとはどんな方なのか?

裁判を起こされる様なその作風とは?

結婚している?嫁さんの顔がぞうは?

息子さんもいるらしい?どんな人?

会田誠さんの…本名?

 

今回も気になる色々な事を

調査してみました。

スポンサーリンク

報道では

弁護士ドットコムでは以下のように報じています。

京都造形芸術大の東京キャンパスで公開講座を受けたところ、ゲスト講師から環境型セクハラにあって、精神的苦痛を受けたとして、受講していた女性が、大学を運営する学校法人「瓜生山学園」を相手取り、慰謝料など計約333万円の支払いをもとめる訴訟を東京地裁に起こした。提訴は2月22日付。

原告の大原直美さん(39)と代理人が2月27日、東京・霞が関の司法記者クラブで会見を開いた。大原さんは「講義内容が本当にひどいものだった」「セクハラを訴えたあとも、大学側の対応が、教育者としてあるまじき姿だった」「生徒を守ってくれないのは本当に残念だ」と心境を語った。

会田誠さんの講義でショックを受けた。

代理人などによると、大原さんは2018年4月から6月にかけて、京都造形大・東京藝術学舎で開かれた社会人向け公開講座(全5回)を受講した。ヌードを通して、芸術作品の見方を身につけるという内容だった。大原さんは、第3回(2018年5月12日)のゲスト講師だった芸術家の会田誠さんの講義でショックを受けた。

講義は、涙を流した少女がレイプされた絵や、全裸の女性が排泄している絵、四肢を切断された女性が犬の格好をしている絵などをスクリーンに映し出すという内容で、会田さんはさらに「デッサンに来たモデルをズリネタにした」と笑いをとるなど、下ネタを話しつづけていたという。

大原さんは、会田さんのキャラクターや作風を知らなかったという。すぐに、大学のハラスメント窓口に苦情を申し立てたが、第5回(同年6月12日)のゲスト講師で、写真家の鷹野隆大さんの講義でも、勃起した男性の写真の投影などがあった。「講義を受けに来ただけなのに、どうしてこんな目に合うの?」

大原さんは、動悸や吐き気、不眠の症状がつづき、急性ストレス障害の診断を受けた。

●「作家の作品の是非ではなく、環境を作り出したことが問題だ」

大学側は同年7月、環境型セクハラについて、対策が不十分だったと認める内容の調査報告書をまとめたという。ところが、そのあとの話し合いで、示談にあたって、お互い関わり合いを持つことをやめる、という項目をの要望があり、交渉が決裂。大原さんは同大通信教育部を卒業して、他の大学やカルチャースクールで美術モデルの仕事をしている。

代理人の宮腰直子弁護士は「大学は、セクハラ禁止のガイドラインをもうけており、公開講座を運営するにあたっても、セクハラ対策をすべきだった。作家の作品の是非や、セクハラ言動そのものでなく、そうした環境を作り出したことに問題があった」と述べた。講座の運営方法や告知の仕方、その後の対応について責任を追及していくとしている。

大学側は、弁護士ドットコムニュースに対して「訴状が届いていないので、コメントできない」とした。

(弁護士ドットコムより引用)

スポンサーリンク

会田誠のプロフィール

会田誠 プロフィール

生年月日:1965年10月4日

年齢:53歳

血液型:/型

身長:/cm

体重:/キロ

出身地:新潟県新潟市

出身高校:新潟県立新潟南高等学校

最終学歴:東京芸術大学大学院修了

スポンサーリンク

会田誠の凄い経歴とは?

新潟大学の教授の息子として生まれた

会田さん。子供の頃から落ち着きがなく

ジッとしてられないタイプだったそうです。

 

そういった特性から自分の想い、考え

表現する「芸術」という仕事は

会田さんにとって天職なのかもしれませんね。

 

会田さんはエンターテイメントに生きる

方々の登竜門とも言える東京藝術大学

進学して大学院へと進みます。

 

そして会田さんは絵画だけでなく、

映像作品の監督や出演にフィギュア制作も

行うマルチな芸術家。

それが『現代芸術家 会田誠』なのです。

スポンサーリンク

会田誠の本名とは?

会田さんについて調査していると、

「本名」という言葉を見つけたために

「会田誠が本名じゃないの!?」

と思ってしまいました。

 

それから会田さんの本名について

調査していると、こんなツイートが…。

あれ、もしかして「本名」ていうのは

このツイートの事ですかね?

 

まぁ、会田誠は本名」というのを

一つの情報という事で…。

スポンサーリンク

会田誠の両親や結婚した妻(嫁)と息子の顔画像はある?

芸術家というと独身という

イメージがなんだか湧きやすいのは

私だけでしょうかね…^^;

 

一応会田さんの結婚に関して調査を

してみると、Wikipediaに家族の情報が

ありました。

 

結婚された岡田裕子さんの顔画像がコチラ。

2001年に谷中霊園にて同じ芸術家である

岡田裕子さんと結婚式を挙げられたそうです。

お墓で。

 

…お墓で?結婚式を?

すいません理解できません^^;

 

息子さんのお名前は会田寅次郎さん。

どうやら会田家を題材にした映像作品を

手がけている事から、寅次郎さんも

芸術の道を歩んでいるようです。

スポンサーリンク

会田誠の特徴的な作風の評判がヤバい!?

Wikipediaでも説明されているのですが、

「取扱注意の作家」とも呼ばれ、美少女、エログロ、ロリコン、戦争、暴力、酒の賛美など、社会通念や道徳心に対するアンチテーゼを含む、センセーショナルな作品で知られる。

との事です。

 

会田さんを知らない人が1分でわかる情報を

女性が知らなかった事は流石にツイッターで

大多数の方からツッコまれるのは

仕方ないでしょうね。

 

どういう気持ちで女性は会田さんの

講義を聞こうと思ったか気になります。

 

少女の性的な絵などを描く事も

あるような方なんですよね。

 

特徴的な作風で敬遠される事も多い

会田さんですし、そもそも講義も

訴えた女性側が絶対に避けられない

状況だったんでしょうかね?

 

そんな感じなので「当たり屋か!」

突っ込む人も多いのは仕方ないですね。

 

避けられるものをわざと避けないで

被害者面しているならこれは

ちょっと擁護できませんね…。

 

というかズリネタ発言はそれを

裏付ける証拠を提出しないと

言った言わないの水掛け論にしか

ならなくなってしまうのでは…?

あるなら勿論良いのですが。

 

ニュースも断片的な情報しかないので

なかなかフラットな全体像というのを

掴み辛い気がします。

スポンサーリンク

まとめ

講演の内容がセクハラであるとされて

裁判沙汰の報道となってしまった

会田誠さんに関する調査内容でした。

 

ツイッターの反応でも確かに

女性に対する気遣いのコメントは

ほとんどみられませんでしたね。

 

これからもこの件について

注目していきたいと思います。

 

今回は、

●報道では
●会田誠のプロフィール
●会田誠の凄い経歴とは!?
●会田誠の本名とは?
●会田誠の両親や結婚した妻(嫁)と息子の顔画像はある?
●会田誠の特徴的な作風の評判がヤバい!?
●まとめ

以上の内容でお送りしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です